カナダのトイレ事情

トイレのマークは日本と同じ。中央はおむつ交換台など、乳児用設備ありの意味

トイレのマークは日本と同じ。中央の赤ちゃんマークは、おむつ交換台など、乳児用設備ありの意味

カナダは先進国の一つなので、旅行していても、日本の常識から大きく外れたものはあまりありません。とはいえ、やはり細かい部分で気になる点はいくつもあります。それは今回お題とするトイレについても当てはまります。

人が生きていく上で欠かせない場所、トイレ。今回は、カナダ旅行をする上で知っておきたいカナダのトイレ事情をご紹介します。

あまりに開放的!? カナダのトイレ

20~30cmは開いているトレイ個室ドアの下の隙間

20~30cmは開いているトレイ個室ドアの下の隙間

トイレットペーパーは流せますし基本的には日本と同じように使えるカナダのトイレですが、いくつか驚かされることもあります。まずは個室のドアの隙間。日本では上から下まできっちりと隠れるドアが当たり前ですが、カナダのトイレでは個室のドアの下の隙間が半端無く広く、外から見ても足が丸見えです。それが故に、中に人が入っているかどうかが一目瞭然。中には少し屈んで使用中かどうかを完全に確認するツワモノも! このように隙間が広過ぎて、日本からの旅行者の皆さんには少し落ち着かない空間かも……。

また、カナダには大柄な人が多いのにドアの高さもそれほど高くないため、個室内で立つと、背の高い人なら外が見えてしまいます。身長180cmを超えるガイドもその一人。もっとも中にいる人と目が合ってしまっても、笑顔で「ハーイ」と言ってくれるので、気まずい雰囲気にならないのはカナダならでは。

ハンカチは不要

カナダのトイレでよく見られるペーパータオル。ただ、掃除が行き届かなく、使用済みのペーパータオルが散乱しているトイレも……

カナダのトイレでよく見られるペーパータオル。ただ、掃除が行き届かなく、使用済みのペーパータオルが散乱しているところも……

日本でも最近はトイレに温風乾燥機が設置されていることが多々ありますが、カナダのトイレには絶対と言っていいほど、ペーパータオルか温風乾燥機が設置されています。そのため、カナダ人はハンカチを持ち歩く習慣がありません。

ガイドが長年のカナダ暮らしで、ハンカチを持ち歩く習慣を忘れてしまっているので、たまに日本に帰国すると、ハンカチをいつも忘れて困ってしまうほどです。

温水洗浄便座はありません

日本では当たり前になりつつある温水洗浄便座のトイレ。カナダでも日系人を始めとするアジア系の一般家庭では、温水洗浄便座を取り付けている家庭も多くなりましたが、カナダの公衆トイレやホテルのトイレでは皆無と言って良いでしょう。どうしても洗浄便座が必要な人は携帯式のものもありますので、持参されることをオススメします。

カナダの公衆トイレはすべて無料

海外ではトイレを使用するのにお金がかかるところもありますが、カナダはすべて無料。個室のドアの問題や温水洗浄便座を除けば、日本からの旅行者が使用するのに、それほど抵抗はない場所がほとんどです。

カナダでトイレが使える場所

旅行中、トイレに行きたくなったらどこに行けば良いのでしょう? カナダでトイレが使える場所、使えない場所をまとめました。

■駅にトイレがないのは当たり前
VIA鉄道のターミナル駅などは空港と同じくトイレあり

VIA鉄道のターミナル駅などは空港と同じくトイレあり

日本では駅にトイレがあるのは当たり前と言っても良いほどですが、カナダの駅では、大きなターミナル駅を除き、ない方がむしろ当たり前です。

トロントの地下鉄では、改札内にトイレがある駅がいくつかある程度で、モントリオールの地下鉄やバンクーバーのスカイトレインの駅では全くありません。駅に行けば、トイレがあると考えて行動すると、当てが外れて大ピンチに!

■町中のカフェ、レストラン、ファーストフード店では利用客のみ
市内の中心地にある飲食店などでは、トイレは利用客のみ利用可能です。入り口に「トイレはお客様のみ利用可能です」と、わざわざ張り紙がしているお店もよく見られます。実際に鍵がかかっていて、お店のスタッフに言わないと鍵を貸してもらえないカフェやファーストフード店も珍しくありません。どうしても利用したい場合は何か一つ買って、堂々とトイレを使いましょう。

■ショッピングモールやデパートでのトイレ利用は問題なし
全く問題なく、トイレの数も多いので、一番利用しやすい場所と言えるでしょう。ファミリー用のトイレがあるショッピングモールも多いので、小さなお子さん連れの旅行者にもオススメです。

■一番きれいなトイレは、やはりホテル
これは日本と同じです。高級になればなるほど、きれいなトイレがあります。ホテルのロビー階には通常ラウンジがあり、社交場となっているので、誰でも館内に入ることができます。しかし、一部リゾートのホテルでは宿泊客やレストランの予約客以外、館内に入ることができないホテルもあるので、要注意。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。