世界一住みやすい町ランク常連のバンクーバー

町と自然が調和したバンクーバーでの生活は快適そのもの! (C) Tourism Vancover

町と自然が調和したバンクーバーでの生活は快適そのもの! (C) Tourism Vancover

英誌「エコノミスト」の調査部門が毎年行うランキングで、バンクーバーは過去5年連続で1位に輝くほど評価されており、そういった格付け調査からも、治安も含めたバンクーバーの住みやすさが世界的に評価されています。また、五輪開催を契機に大きくインフラが改善され、町並みもきれいになりました。ただし、それでも、旅行者にはおススメできないエリアが残っているのも事実……。

この記事では、バンクーバー観光で行ってはいけない場所や気をつけるべき点を、具体的に紹介します。

カナダ全体の一般的な治安についてはこちら>>>カナダの治安
カナダ旅行で注意すべき点や、被害に遭うリスクをより少なくする防犯対策はこちら>>>カナダ旅行の犯罪対策

チャイナタウン

大きな中華門はチャイナタウンの入り口にあり、目印になるundefined(C) Tourism Vancouver

大きな中華門はチャイナタウンの入り口にあり、目印になる (C) Tourism Vancouver

多くの観光客や地元の買い物客で賑わうエリアで、昼間は問題ありませんが、夜の町歩きは絶対に避けるべき場所です。また、チャイナタウンの北の一角で、ヘイスティングス通り(Hastings St.)とメイン通り(Main St.)の交差点を中心にした東西数ブロックは、1日中泥酔している人や所在無げに座り込んでいる人が多く、ここは昼間でも立ち入ってはいけないエリア。

このチャイナタウンの南側には大陸横断鉄道のVIA鉄道や長距離バスの発着するターミナル駅があります。この界隈もチャイナタウンと同等の治安レベルと考えてよいので、鉄道やバスの利用時以外は夜の町歩きは避けましょう。

ギャスタウン

ギャスタウン名物の蒸気時計。周囲はいつも観光客で賑わうundefined(C) Tourism Vancouver

ギャスタウン名物の蒸気時計。周囲はいつも観光客で賑わう (C) Tourism Vancouver

ダウンタウンからに隣接しており、観光スポットとして人気の高いギャスタウンですが、観光は昼だけに。昼間は多くの人で賑わう一角も、夜はめっきり静かになります。特にギャスタウンはダウンタウンとチャイナタウンに挟まれるような場所に位置しており、夜間のチャイナタウン側は特に治安がよくありません。ギャスタウンのダウンタウン側の入り口にはレストランが数多くあり、週末を中心に比較的賑わいを見せるので、立ち寄るのはこの一角に留めましょう。

グランビル通り

グランビル通りは路線バスも多いメインストリートなのだが (C) Tourism Vancouver

グランビル通りは路線バスも多いメインストリートなのだが (C) Tourism Vancouver

この通り(Granville St.)はダウンタウンを南北に走るメインストリートのひとつ。ダウンタウンの中心では、デパートや地下街に直結しており、旅行者には欠かせないエリアです。ただ、このダウンタウンの中心地の南側で、ネルソン通り(Nelson St.)との交差点からデイビー通り(Davie St.)への交差点の数ブロックのエリアは、道路脇には成人向けのお店やナイトクラブなどが多く、いかにも「夜の町」といった雰囲気。特に週末は酒の勢いで少々羽目を外している人も多いので、夜の町歩きは避けたほうが無難です。

スタンレー公園

最高の夜景スポットのひとつですが…… (C) Tourism Vancover

スタンレー公園は最高の夜景スポットのひとつですが…… (C) Tourism Vancover

スタンレー公園もバンクーバーの人気スポットのひとつ。この公園の内部はほとんど手付かずの自然に恵まれておりそれがウリのひとつですが、逆に言えば夜は街灯も何もない場所。特に真っ暗な公園内部に入っていく遊歩道は、非常に危険なので絶対に避けましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。