カナダの治安とは?

カナダとアメリカは同じような町並みだが、中身は大きく異なるundefined(C) Tourism Vancouver

カナダとアメリカは同じような町並みだが、中身は大きく異なる (C) Tourism Vancouver

アメリカのお隣にあるカナダ。位置的な関係や同じく英語圏の国(といっても、カナダは一部フランス語圏ですが)ということで、アメリカと一緒くたにされがちですが、一般的にはアメリカに比べ治安が良いと言われています(アメリカもイメージほど治安が悪いわけではないのですが……)。そのため、英語を学ぶ留学生もアメリカではなく、カナダを選ぶという話もよく聞くほど。

この記事では、よく知られていないカナダの治安の現状、旅行者が気をつけるべき犯罪の種類、気をつけるべき場所といった具体的な内容についてまとめました。基本的な治安情報はアメリカと重複する点も多いので、アメリカの治安もご参考に!

旅行者が巻き込まれる犯罪

一般的な旅行者が行くような観光地、町の中心地といった場所で、命に関わるような凶悪犯罪に巻き込まれるようなケースは非常に少なく、こういった犯罪に対する心がけは日本と変わりありません。むしろ、旅行者が注意しなくてはいけないのは、スリ、置き引きといった軽犯罪。旅行者が遭遇する犯罪のほとんどがこれ! 貴重品の入った手荷物は必ず目の届く場所に置き、移動中は肌身離さず管理するという基本的な注意で、トラブルを未然に防ぐことができます。

また、犯罪とは少し異なりますが、海外と言えば、強引な物売りや物乞いなどの被害もよく耳にすることも……。しかし、カナダではこういった被害例は少なく、あまり神経質になる必要はありません。

カナダ人家庭に拳銃はあるの?

カナダでは銃を所持すること自体は難しいことではないのですが、大半がハンティングや競技目的など個人の趣味のためのもの。国土が広く、特に北方には人気のない原野が広がるカナダでは、未開の土地で、数日間に渡ってハンティング、といったワイルドな趣味を持つ人が多いのです。個人が護身用に銃を所持するということはほとんどないので、銃に関する考え方や現状は日本となんら変わりありません。

都会での注意点

ダウンタウンの中心は問題なし。けれども、夜の外出時は行き先に注意して!undefined(C) Tourism Ontario

都市部ではダウンタウンの中心は夜でも問題なし。けれども、行き先によっては注意が必要 (C) Tourism Ontario

カナダの都会では問題のない場所がほとんどですが、立ち入ってはいけないエリアもあります。このあたりの事情はアメリカと同じ。道1本で大きく雰囲気が異なることもあれば、昼は安全だけど、夜は行かないほうがいいといった場所も……。そんなエリアは明らかに雰囲気が違います。ごみが多い、所在なさそうに徘徊する人、道に座り込む人、泥酔する人が多いなど、もう一目瞭然! こういった場所に足を踏み入れてしまったら、即座に引き返しましょう。

すべてではありませんが、週末のナイトクラブ近辺も要注意。酒の勢いもあって、少々度を越えた行動をする人が多いので、旅行者は近寄らないほうが無難でしょう。

リゾートでの注意点

カナディアンロッキーなどのリゾートでは夜の町歩きも問題なし。(C) Travel Alberta

カナディアンロッキーなどのリゾートでは夜の町歩きも問題なし。(C) Travel Alberta

カナディアンロッキーナイアガラといった観光地では、夜の町歩きも比較的安全と言えるでしょう。都心部で見られるような立ち入ってはいけないエリアもほとんどなく、身構えながら町歩きする必要もありません。ただし、リゾートは観光客を狙った盗難が多く、置き引き、スリなどの犯罪は十分に起こりえます。とにかく貴重品と手荷物は肌身離さず持ち歩く、これが基本です。

犯罪のシーズン

カナダの場合、5月下旬から9月下旬までの夏の観光シーズンに圧倒的に集中します。観光客の数が圧倒的に多く、必然的に事件発生率も高まります。貴重品の管理はくれぐれもご注意を。

日本からもっとも近いカナダ、バンクーバーでの治安事情はこちら>>>バンクーバーの治安

事件に巻き込まれないための注意点、具体的な予防策はこちら>>>カナダの防犯対策


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。