最高の雪質! 広大なカナダのゲレンデでスキー&スノーボード三昧

広大なゲレンデで、ダイナミックに滑るのがカナダ流undefined(C) Tourism Whistler / Mike Crane

広大なゲレンデで、ダイナミックに滑るのがカナダ流 (C) Tourism Whistler / Mike Crane

冬の寒さが厳しいカナダ。もちろんウィンタースポーツは盛んで、スキー、スノーボードは冬の楽しみのひとつ。国内各地にゲレンデがありますが、標高の高い山は西側に集中しており、バンクーバー冬季オリンピックの会場にもなったウィスラーカナディアンロッキーがその筆頭。広いカナダならではの広大なゲレンデの滑りは日本では体験できないものです。

カナダはとにかくでっかい! ちょっと意地悪ですが、日本との主なゲレンデの面積とコース数を比べてみましょう。
<日本>
  • 苗場 196ヘクタール/27コース
  • 志賀高原 425ヘクタール/79コース
<カナダ>
  • ウィスラー・ブラッコム 3300ヘクタール/200コース以上
  • サイプレスマウンテン 243ヘクタール/53コース
ご覧の通り、最大級のウィスラー・ブラッコムは苗場の15倍、志賀高原の8倍。バンクーバー郊外のサイプレスマウンテンでも、苗場を越える広さを有しており、その規模がハンパないことが分かるのでは?

では、カナダでスキー・ボードを楽しむための第一歩として、日本とのスキー事情の違いや注意事項からお話しましょう。

日本のゲレンデとはちょっと違う…… 
事前に知っておきたい注意事項

ウィスラーやカナディアンロッキーの頂上付近では森林限界を超えるため、木がなく、吹きさらし。風が強い日の体感温度は強烈な寒さ (C) Tourism BC/Randy Lincks

ウィスラーやカナディアンロッキーの頂上付近では森林限界を超えるため、木がなく、吹きさらし。風が強い日の体感温度は強烈な寒さ (C) Tourism BC/Randy Lincks

■寒さ
特にカナディアンロッキーでは寒さの質が違い、マイナス15度くらいが当たり前。十分な防寒対策が必要です。特に、顔を覆うという意味でもサングラスよりゴーグルが適しています。金属製のフレームのサングラスだと凍傷になりかねません。パウダーの雪は軽く、風で簡単に巻き上がるので顔に当たると結構痛い。フェイスマスクもあると便利でしょう。

ウィスラーも寒い場所ではありますが、標高が700m弱のベースでは雨になることも珍しくありません。反面、標高2000mを越える山頂付近では森林限界を超えて、風が強く厳しい寒さということもあります。出発前に山頂付近の気温なども確認してから出かけましょう。

■はぐれると会えないかも……
上の日本とのゲレンデでの比較でも分かるように、ウィスラーやカナディアンロッキーのゲレンデは半端なく広い。友人や家族など、一旦はぐれてしまうと、ゲレンデ内で会うのは極めて困難。はぐれてしまった場合、どこで合うのか緊急時の集合場所を決めておくと良いでしょう。

パッケージツアーなら、オプションでスキーガイドを申し込むことができます。初めての海外スキーの場合、広いゲレンデの方向感覚を理解したり、日本のゲレンデとの違いを案内してもらうなど、初日に申し込んでおくと良いでしょう。

■一般的ではないナイター
バンクーバーでは仕事終わりのスキーヤーのニーズに応え、ナイター営業あり (C) Grouse Mountain View of Vancouver / keepitsurreal

バンクーバーでは仕事終わりのスキーヤーのニーズに応え、ナイター営業あり (C) Grouse Mountain View of Vancouver / keepitsurreal

ウィスラーやレイクルイーズなどの大型ゲレンデでは、ナイター営業がないのが普通です。また、日照時間が短いため、営業時間が9~16時と比較的短め。特に山頂付近のリフトは15時くらいで終わってしまうこともあります。ただ、とにかくゲレンデが広く、コース1本が長いので、この短い時間でも滑り足りない!ということはありませんので、ご心配なく。ガイドがロッキーでお客様をご案内していた際、3日間スキーするつもりだったのですが、2日で疲れてしまった人もいたほどです。

■自己責任
ゲレンデやコースマップに、こうしたマークがあるので、無理のない、レベルに合わせたコースの選択を!(クリックで拡大)

ゲレンデやコースマップに、こうしたマークがあるので、無理のない、レベルに合わせたコースの選択を!(クリックで拡大)

ウィスラーやカナディアンロッキーのゲレンデはもちろんのこと、バンクーバー郊外のゲレンデでさえ、一歩外れるとカナダの大自然の中に放り出されてしまいます。簡単に林間に入っていったりしないよう、確実にコース内と分かる場所でのすべりを心がけましょう。日本ほど明確にコースの境界が示されていないのも要注意。

■事故に備えて
日本と同様にスキー・スノーボードでは必ず事故のリスクが付きまといます。日本に比べ、広くて人の少ないゲレンデだからこそ滑走スピードが速く、事故が起きた場合のダメージも大きくなります。対人、対物、携行品などを十分にカバーした海外旅行保険への加入は必須。カナダの医療費は高く、医者の診察を受けただけでも500カナダドルもしますよ。また、複数で行動することで、事故の場合、お互いのサポートとなります。単独行動は避けた方が無難です。