最高の雪質を誇る!
カナディアンロッキー、バンフ・レイクルイーズ地区のゲレンデ

距離も長ければ、幅も広い!壮大なロッキーの自然で、豪快な滑りを!(C) Travel Alberta

距離も長ければ、幅も広い!壮大なロッキーの自然で、豪快な滑りを!(C) Travel Alberta

夏のリゾートとしても知られるカナディアンロッキー。冬は極上の雪質を誇るスノーパラダイスとして、各ゲレンデやリゾートとしてのホスピタリティーには定評があります。

バンフからは、レイクルイーズ、マウント・ノーケイ、サンシャイン・ビレッジの3つのスキー場へのアクセスが可能。これらは全く独立したスキー場なので、ウィスラー・ブラッコムのように、ゴンドラなどで行き来できるわけではありませんが、3つのスキー場共通パスがあるので、日によってゲレンデを変えて楽しむことができます。

3つのゲレンデ共通パス情報はこちら>>>スキー・バンフ・レイクルイーズ・サンシャイン(日本語サイト)

カナディアンロッキーでのスキーの注意点は、ゲレンデに行くため、必ずバスに乗らなくてはいけないことです。国立公園の厳しい制限があるため、ゲレンデのベース部分に原則宿泊施設はありません(唯一サンシャインビレッジのみロッジあり。詳細は後述)。ホテルからブーツを履いて徒歩でアクセスすることはできないので、要注意。

レンタルはゲレンデでもできますが、宿泊ホテルの近辺(バンフの町中、レイクルイーズのホテル内など)で借りるのが一般的。ゲレンデで借りると毎日サイズあわせをせねばならず、時間を大きくロスしてしまいます。また、日数が増えるほど、1日当たりの料金が安くなることがほとんどなので、ゲレンデでのレンタルは避けましょう。

では、3つのゲレンデそれぞれの特徴を紹介します。

バラエティーに富んだコースと最高の景観が楽しめる!
レイクルイーズ・スキー・エリア

頂上に氷河があるマウントテンプルを始め、目前にはレイクルイーズ近辺の山々の大パノラマ! (C) Travel Alberta

頂上に氷河があるマウントテンプルを始め、目前にはレイクルイーズ近辺の山々の大パノラマ! (C) Travel Alberta

夏は美しいエメラルドグリーンの湖面で知られるレイクルイーズ。その湖とは谷を挟んだ反対側の斜面に位置し、コース数や滑走面積でも単体のゲレンデとしては北米最大級のもののひとつとして知られています。

毎年ワールドカップが行われるほどの本格的なコースを持つゲレンデであり、また滑走コースから見られるレイクルイーズ近辺の山々の美しい風景と相まって、カナディアンロッキーでは最も人気を集めています。

<DATA>
Lake Louise Ski Area
アクセス:バンフからバスで約50分、レイクルイーズから15分
最長滑走距離:8km
リフト・ゴンドラ数:9
コース数/内容:139コース、初級25%・中級45%・上級30%
標高(ベース/最高点):1646m/2637m
リフト券の料金:1日券約46カナダドル~(オープンしているコース数、時期により変動。詳細は公式サイトにて)
シーズン:11月初旬~5月初旬