広い国土のカナダは車が一番!
レンタカーで旅するカナダ

日本では乗る機会のないアメ車のオープンカーなどを借りてみては? (C) Tourism BC

日本では乗る機会のないアメ車のオープンカーなどを借りてみては? (C) Tourism BC

とにかく広いカナダ! 日本の国土の27倍というとてつもない面積で、一歩町を出ると、広大な草原に道路がまっすぐに伸びている……といった風景も日常。こんなところで車が故障したらどうするんだろう?というような場所も珍しくありません。しかし、逆にこうした場所では、車がもっとも便利なアクセス手段であることも疑いなく、場所によってはバスすらないといったポイントもあるので、クルマへのニーズは高まるばかり。

そこで、旅行者の強い味方となるのが、レンタカーです。車があれば、行動も自由度が増し、気に入った場所があれば、ゆっくりと滞在することも可能。ツアーにはない自由気ままな観光が楽しめます。

この記事では、カナダのレンタカーの料金システムや道路法規などの基本情報と、おススメのドライブルートを紹介します。

※カナダのレンタカーのシステムはアメリカとほぼ同じなので、「アメリカのレンタカー」の記事も合わせてどうぞ。

レンタカーの予約方法

ハーツ、エイビス、バジェットといったところが大手。レンタカーは現地でも空きがあれば、その場で借りることもできますが、夏の観光のピークシーズンでは、事前予約が必須。特に、これらの大手レンタカー会社では日本語ホームページを用意しており、日本語で直接予約をすることができます。現地の窓口でのやり取りは英語(場所によっては仏語)なので、出発前に日本語のホームページを利用して面倒な保険の手続きなどを済ませておくと、現地でのやり取りが少なくて済みますよ。また、レンタカー会社によっては日本語カーナビ搭載のレンタカーもあり、確約はできない会社がほとんどではあるものの、予約時にリクエストを出しておくことはできます。

以下、日本語ホームページで予約可能なレンタカー会社のリンクです。