ナイアガラの滝を間近で楽しむ、大迫力のアトラクション

言葉を失うほど、大迫力の滝が目前に! (C) Tourism Ontario

言葉を失うほど、大迫力の滝が目前に! (C) Tourism Ontario

ナイアガラの滝では、滝のそばまで行く遊覧船が一番人気の高いアトラクションですが、このジャーニービハインドザフォールズも負けていません。このアトラクションでは、何とナイアガラの滝の裏側という、他のアトラクションでは絶対に見えない、全く異なった角度で滝が見られるのです。滝のすぐ横、大迫力の展望台も楽しめる、そんなジャーニービハインドザフォールズへのアクセス、見どころをご紹介します。

ジャーニービハインドザフォールズへのアクセス

カナダ滝のすぐ横にあるテーブルロック展望台。入り口はこの展望台にある建物の中 (C) Tourism Ontario

カナダ滝のすぐ横にあるテーブルロック展望台。入り口はこの展望台にある建物の中 (C) Tourism Ontario

ナイアガラの観光の中心とも言えるテーブルロックのウェルカムセンター内に、ジャーニービハインドザフォールズの入り口があります。ここを起点に、ナイアガラ川沿いのポイントを結ぶWEGO(ウィーゴ)というシャトルバスが運行されており、主要なホテルや他のアトラクションを結んでいるので、個人旅行なら、このバスの利用が便利。

<DATA>
WEGO
運賃:24時間券・大人7カナダドル、子供(6~12歳)4カナダドル/48時間券・大人11.50カナダドル、8カナダドル
運行期間:通年
運行時間:10:00~17:00を基本に、繁忙期には最大22:00まで延長。運行間隔は概ね20分おき


観光順序

http://www.niagaraparks.com/about-niagara-falls/transportation-niagara-falls.html

滝の裏側を見るポイント。轟音とともに、目の前を流れ落ちる莫大な量の水の壁 (C) Tourism Ontario

トンネルはまるで坑道のよう (C) Journey Behind the Falls Niagara CN - PugChi

トンネルはまるで坑道のよう (C) Journey Behind the Falls Niagara CN - PugChi

チケットを買って入場すると、青または黄色のレインコートがもらえるので、それを着て、エレベーターで約45m降下。降りたところからトンネルになっており、いくつかの分岐点があります。

最初の分岐点で曲がると、冒頭の写真の展望台へ。すぐ横をナイアガラの滝が流れ落ちており、まさに圧巻! 冬場でも途中までは行くことができ、凍った滝を間近に見ることができます。ただし、ものすごい寒いので長居はできません。

トンネルを奥のほうへ進むと、滝を裏側から見るいくつかのポイントがありますが、どこで見ても、それほど違いはありません。

<DATA>
Journey Behind the Falls
料金(4月~12月中旬):大人(13歳以上) 15.95カナダドル、子供(6~12歳)10.95カナダドル
料金:大人(13歳以上) 11.25カナダドル、子供(6~12歳)7.30カナダドル
運行期間:通年
営業時間:9:00~18:00を基本に、夏の繁忙期(6月中旬~8月初旬)は、最長23時までオープン
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。