ビクトリア観光のハイライト! ブッチャートガーデン

咲き誇る花とロスファウンテンと呼ばれる噴水 (C) Tourism BC

咲き誇る花とロスファウンテンと呼ばれる噴水 (C) Tourism BC

ガーデンシティと呼ばれるほど、花や緑が美しいビクトリア。そのビクトリアで絶対に外せない観光ポイントが、庭園面積22万平米、およそ東京ドーム5個分の広さを誇るブッチャートガーデンです。多くのガーデンがあるビクトリアでも、その美しさと規模は群を抜き、これまでの歴史や功績などから、カナダ国定史跡にも指定されています。

ブッチャートガーデンへのアクセス、ツアーの選び方

ガーデンと周辺ポイントの位置関係(クリックで拡大)

ガーデンと周辺ポイントの位置関係(クリックで拡大)

右の地図のようにブッチャートガーデンはビクトリアのダウンタウンの北、およそ20kmの場所にあります。フェリーターミナルとダウンタウンのほぼ中間地点にあり、フェリーターミナルからもほぼ20kmといったところで車の場合、所要約20分。空港からは約15km。

ダウンタウンやフェリーターミナルからはBCトランジットと呼ばれる市バスでアクセス可能です。BCトランジットは大人2.5カナダドルでと、もっとも安価なアクセス方法。公共交通機関であるにも関わらず、2階建てバスも使用してるので、運がよければ階上席から車窓を楽しむこともできます。

ビクトリア随一の観光地ということもあって、ツアーも豊富。バンクーバーからの日帰りツアーもあります。 パッケージツアーでビクトリアやバンクーバーに滞在する場合、日本語のオプショナルツアーもあるので確認してみましょう。英語ツアーでもホエールウォッチングを組み合わせたものなど、選り取り見取り!

<DATA>
BC Transit
運賃:大人2.5カナダドル、ユース(6~18歳)シニア(65歳以上)1.65カナダドル
運行ルート・スケジュール:ダウンタウンから75系統、フェリーターミナルから81系統のバス利用。75系統はほぼ30分おきに運行されるが、 81系統は2時間以上待つこともあり、ブッチャートガーデンまで行かないバスもあるので、乗車前に要確認

Pacific Coach Line
バンクーバー~ビクトリア間の定期バスと定期観光バスを運行。ビクトリア発の定期観光のほか、バンクーバー発の日帰り観光、バンクーバーからビクトリアへの片道移動中にブッチャートガーデンに立ち寄るものなど

Cruise Victoria
ビクトリアからの定期観光バスを運行

Prince of Whales
バンクーバーからホエールウォッチングをしながらビクトリアへ移動するツアーを催行。ブッチャートガーデン観光を追加することも可能

ガーデン内の見どころ、回り方

サンケンガーデン入り口の展望台では、その美しさに常に歓声が上がる (C) Tourism BC

サンケンガーデン入り口の展望台では、その美しさに常に歓声が上がる (C) Tourism BC

園内最大の見どころとも言えるのが、サンケンガーデン。ブッチャートガーデンは、元々セメント工場を営んでいた創業者のブッチャート夫妻がセメントの原料となる石灰岩の採掘跡に草花を植え始めたのが始まりでした。それが現在のサンケンガーデンです。石灰を掘った大きな穴は一段低い場所にある広大なガーデンを形成しており、3~10月には季節ごとの花が楽しめます。このサンケンガーデンの向こう側には、二代目オーナー・イアンロス氏の名前が付けられたロスファウンテンという大きな噴水が見えます。

サンケンガーデンを抜け、大きな芝生が広がるエリアを通り抜けましょう。ここではコンサートが行われたり、夏休み期間中の毎週土曜には花火が上げられます。花火は夏場の名物ですが、スタート時間が日没により異なるので、要注意。

夏の最盛期にはバラの芳醇な香りが周囲を包み込みます (C) Butchart Gradens

夏の最盛期にはバラの芳醇な香りが周囲を包み込みます (C) Butchart Gradens

次に見えるのがブッチャートガーデン自慢のローズガーデン。6月下旬から9月上旬には250種以上のバラが咲きます。

ローズガーデンのお隣にあるのが日本庭園。入り口にいきなり鳥居があるのですが、意外に風情のある庭園であることにびっくりするかも。それもそのはず、元々は横浜出身の庭師、岸田伊三郎氏の指南を受けて作られたもの。庭園の向こうには入り江が顔をのぞかせ、秋には美しい紅葉など、園内の他の場所とは違った表情を見せてくれます。

スターポンドと呼ばれる星の形をした池を見ながら、イタリア庭園に差し掛かると、庭園もこれで終了。スタート地点と同じ場所に戻ります。入り口付近には、大きなギフトショップとレストランがあります。レストランはカフェテリアスタイルのブルーポピーと、アフタヌーンティーの楽しめる本格的なダイニングルームの2つ。特にアフタヌーンティーは本格的なティーサービスが受けられるので、おススメ!

詳しくはこちら>>>公式サイト内にある地図(英語版PDF)(現地では日本語の地図も配布)

観光に必要な時間、最適な時期

冬のイルミネーションもブッチャートガーデンのウリ (C) Tourism BC/Tom Ryan

冬のイルミネーションもブッチャートガーデンのウリ (C) Tourism BC/Tom Ryan

広大なガーデンなので、ツアーで参加した場合、最低でも1時間の観光時間が設定されています。ただ、1時間はぎりぎりの観光時間。ギフトショップに寄る時間なども考えると、最低でも1時間半は見ておきたいところ。さらに夏場の花火やアフタヌーンティーなども楽しみたいとなると、さらに1時間は必要。楽しみ方に合わせて、ツアー選びも慎重に。

花を楽しむガーデンなので、冬(11~2月)は花がなく見るものがないのも事実……なのですが、12月1日からお正月明けまでの時期は別! この時期は園内がイルミネーションで飾られ、普段とは異なる人気を集めています。

<DATA>
Butchart Garden
料金:大人は18歳以上、ユースは13~17歳、子供は5~12歳で設定され、季節ごとに料金は大きく変動。夏のピークには大人31.45カナダドルなのに対し、冬の閑散期には17.40カナダドル
開園時間:開園は9:00ですが、閉園は冬の閑散期には15:30なのに対し、夏の繁忙期は22:00まで延長


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。