盆踊りとは……盆踊りの由来・意味・起源・歴史

盆踊りの由来・歴史、盆踊りとは?

盆踊りの由来とは?楽しいけれど、なぜか切ない盆踊りには意味があります

盆踊りといえば夏祭りの代表格ですが、単なるサマー・イベントではありません。なぜ盆踊りをするようになったのか、その由来や意味を知ることで、 楽しさと切なさが交錯する盆踊りの醍醐味がわかってきます。お盆のクライマックス・盆踊りをもっと楽しんでみませんか。
   

なぜ盆踊りをするの? 盆踊りの由来や意味

盆踊りとは、その名の通りお盆に関係する行事として始まりました。

●お盆にお迎えした祖霊を、慰めて送り出します
本来、盆踊りはお盆にかえってきた祖霊を慰める霊鎮め(たましずめ)の行事です。念仏踊り(自分で念仏を唱えながら踊る)から 踊り念仏(念仏を唱える人と踊る人がいます)に発展した民族芸能が、盂蘭盆(うらぼん。いわゆるお盆のこと)と結びつき、精霊を慰めたり送り出すための行事になりました。15日の晩に盆踊りをし、16日に精霊送りをするのもそのためです。

●月明かりの下、人の交流を深めます
さらに、盆踊りには娯楽的な要素もあります。盆踊りは、地域の結びつきを深めたり、お盆に帰省した人々の再会の場になったり、男女の出会いの場でもあったのです。盆踊りの歌詞に色恋ものやきわどい内容が多いのはそのためで、人々は年に一度の盆踊りに様々な思いを託しました。
満月

旧暦のころは15日といえば満月。月が満ちるとき、その引力で海は大潮となり、人は高揚するといわれています

本来、盆踊りの晩(旧暦7月15日)は満月ですから、照明のない時代でも明るく過ごせ、月の引力の影響で人も高揚するため、盆踊りに最適だったのです。
 

盆踊りには、楽しさと切なさがあります

盆踊りは、祖霊になった人々との別れを惜しむ踊りであり、人の出会いや別れとともに過ぎ行く夏を惜しむ踊り。子供達は無邪気にはしゃぎ、大人達は様々な思いを胸に踊ります。そのためでしょうか、楽しいだけではなくなぜか切なさを感じます。

帰省先なら、お盆の締めくくりになくてはならない行事。家族揃ってぜひ参加してみてはいかがでしょう。旅先などでは、その土地ならではの風情にひたって踊りましょう。
   

どうやって踊ればいいの?

盆踊りは眺めているだけじゃつまらない。踊ったほうが楽しいけれど、なかなか勇気が出ませんね。そこで踊りに加わるヒントです。
やぐらを囲む輪踊りは、盆踊りの定番。飛び入り参加しやすく、踊り手の一体感も出て盛り上がります

やぐらを囲む輪踊りは、盆踊りの定番。飛び入り参加しやすく、踊り手の一体感も出て盛り上がります

基本的には誰でも参加OK!
踊り手が決められている場合もありますが、基本的には誰でも参加できます。やぐらを囲んで輪になって踊る「輪踊り」と、町中を流して踊る「流し踊り」がありますが、輪踊りの方が飛び入り参加しやすいでしょう。流し踊りはあらかじめ連を組んで踊る場合が多いのですが、飛び入り参加も歓迎されます。いずれも同じ振り付けパターンの繰り返しなので、基本パターンを覚えれば大丈夫です。

●教えておばあちゃん……踊り方を伝授
見ているうちに自然と覚えられますが、故郷の祭りなら、親から子へ、祖父母から孫へ伝えてあげたいですね。もちろん、周囲の方も気軽に教えてくれますし、そこから交流もうまれます。あらかじめミニ講習会をしてくれるところもありますが、少々間違ってもそんなことはご愛嬌。気にすることはありません。

●盆踊りのポイントは足!
ほとんどの盆踊りは、手の動きよりも足の動きを重視しています。これは、足・下半身の跳躍運動が神送りの意味をもつためで、天地の間にいる人間が地を踏むという動作には、霊を封じ込める鎮魂の意味があります。「踊」という字も足偏ですね。ちなみに、神迎えは手を重視した「舞」になります。
盆踊り

盆踊りでは足の動きのほうが意味が強い踊りが多い


●盆踊りには浴衣が映えます!
盆踊りの振り付けは浴衣が基本なので、洋服よりも浴衣で踊ったほうが美しく映えます。着ている本人も気分が出ますし、見ているほうも楽しい。ぜひ袖を通してくださいね!

▶浴衣の着方やマナーシリーズ
躍動するリズムにのって踊る高揚感は格別です。この盆踊りの醍醐味を、家族揃って味わってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。