「傘のマナー」できていますか?持ち方や電車での振る舞い方

傘マナー…傘が邪魔にならない持ち方や電車内での振る舞い・水切り

邪魔にならない傘の持ち方や水の切り方、電車内での振る舞い傘の扱いひとつで晴れやかに過ごせます♪

傘の扱い方には、その人となりが表われると言われています。いきなり開いた傘が顔をかすめてヒヤッ、道幅いっぱいに歩くグループにイライラ、持ち歩く傘が当たってイタッ……そんな経験はありませんか? 
 
そこで、傘の開閉、さし方、持ち歩き方、電車やバスでのふるまい方など、傘のマナーを再確認。雨の日を気持ちよく過ごすために、傘のマナーを身につけておきましょう。
   

傘の開き方…上を向けて開くとキケン

【 NG 】 上を向けて開く
開く際に露先(骨の先端)が顔の高さにくるため、自分の顔をひっかいたり、周囲の人にひっかかったりすることがあります。ワンタッチ式は特にキケンです!

【 OK 】斜め下に向けて開く
周囲を確認してから、傘先を斜め下に向けて開きます。

 

傘のさし方…肩にかけるのはNG

【 NG 】肩にかけて歩く
傘を肩にかけて歩くと、雫で服を濡らすばかりか、後ろの人の視界も悪くなってしまいます。

【 OK 】体の中心で真っすぐ待つ
ハンドルの湾曲した方を体側に向けて持つようにすると、上手くさせます。また、狭い場所では並んで歩かないなど、周囲への配慮も忘れずに。
体の中心で真っすぐ待つようにしましょう

体の中心で真っすぐ待つようにしましょう

 
 

狭い道ですれ違うとき…傘をかしげる配慮を

【 NG 】とくに何もしない
傘がぶつかったり、傘の雫がかかったりすることがあり、自己中心的な人にみえます。

【 OK 】傘をかしげる
狭い道ですれ違う際は、傘がぶつかったり、相手に傘の雫がかかったりしないよう、相手と反対側に傘をかしげます。どちらか一方だけがするのではなく、お互いにするのが理想的! また、相手の心遣いに対し「ありがとうございます」と会釈ができるとステキです。

 

傘の閉じ方…上ですぼめて下で閉じる

【 NG 】横に向けて閉じる
横に向けて閉じると、傘先が人に向くのでアブナイ!

【 OK 】上ですぼめてから、下で閉じる
周囲を確認し、さした状態のままで少しすぼめてから、下を向けて完全に閉じます。

 

水滴の落とし方…周囲にかからないように

【 NG 】クルクルッ、バサバサッ
クルクルッと回したりバサバサッと開閉したりすると、水滴が飛び散り周囲の人にかかってしまいます。

【 OK 】まとめて振る
閉じた傘の露先(骨の先端)をまとめて握り、周囲に迷惑がかからないよう確認してから、軽く数回振ります。

 

傘の持ち歩き方…傘先が当たらないように

【 NG 】傘の先が周囲に向いている
知らず知らずのうちに、腕にかけた傘先が飛び出していたり、後ろの人に向いていたり、小さな子供に当たることもあります。とくに階段はキケンです。

【 OK 】傘の先を下に向ける
傘の先を下に向け、人に向かないよう常に気をつけます。また傘が触れて周囲の人を濡らさないよう配慮しましょう。人とすれ違う際に、反対側にさっと傘を持ちかえることができたら、気配り上級者です。

 

電車やバスに乗るとき…迷惑・邪魔にならない工夫を

【 NG 】ベルトを留めず、何も気にしない
自分は良くても、周囲に迷惑がかかります。

【 OK 】ベルトを留め、周囲にも配慮する
濡れた傘で周囲に迷惑をかけないよう、必ずベルトで留めてから乗車します。最近人気の傘袋に収納してもステキです。空いているときは、腕にかけたり脇に立てたりしても差支えありませんが、混雑しているときは、隣りの人が濡れないよう、体の正面で立てて持ちます。折り畳み傘の場合、軽く畳んでビニール袋に入れておいても良いでしょう。

傘の扱い方ひとつで、あなたの人柄がわかるもの。ちょっとした気配りで、雨の日に爽やかな風を吹かせましょう。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。