意外と知らない!しめ飾り・しめ縄の意味や種類・飾り方・飾る時期

しめ飾りの意味・種類・飾り方・向き・飾る時期・捨て方

おなじみのしめ飾りには、どんな意味があるのでしょう?

しめ飾りをみていると、お正月だな~と感じませんか。でも、よく見てみると不思議なかたちをしています。

しめ飾りやしめ縄には、いったいどんな意味や由来があるのでしょう?
また、どんな種類があり、飾る時期はいつなのでしょう?
飾る場所、飾り方、処分はどうしたらよいのでしょう?

しめ飾りの意味を知ると、飾る際のやる気もやり甲斐も違ってくるはず。今回は、しめ飾り・しめ縄(しめ縄飾り)の意味・由来や種類、飾り方、飾る期間や処分の仕方などについて解説します。

INDEX
しめ縄・しめ飾りの意味と由来
しめ縄・しめ飾りの種類と飾り方・飾る場所・向き
しめ縄・しめ飾りを飾る時期
しめ縄・しめ飾りを焼く日、捨て方


 

しめ縄・しめ飾りの意味と由来

神社がしめ縄を張りめぐらせるのと同じ理由なんですね

神社がしめ縄を張りめぐらせるのと同じ理由なんですね


そもそも正月行事というのは、年神様という新年の神様をお迎えするための行事です。年神様は家々にやってきて、生きる力や幸せを授けてくださると考えられています。そこで、お正月が近づくとしめ縄やしめ飾りを施し、年神様を迎える準備をします。

しめ縄(注連縄)には、神様をまつるのにふさわしい神聖な場所であることを示す意味があります。しめ縄が神の領域と現世を隔てる結界となり、その中に不浄なものが入らないようにする役目も果たします。その由来は、天照大神が天の岩戸から出た際に、再び天の岩戸に入らないようしめ縄で戸を塞いだという日本神話にあるとされ、「しめ」には神様の占める場所という意味があるといわれています。

しめ飾り(注連飾り)というのは、しめ縄に縁起物などの飾りをつけたものをいいます。代表的なのが、神様の降臨を表す「紙垂」(かみしで/しで)、清廉潔白を表す「裏白」、家系を譲って絶やさず子孫繁栄を願う「譲り葉」、代々栄えるよう願う「橙」などです。

もともとは、神社がしめ縄を張りめぐらせるのと同じ理由で、自分の家が年神様をお迎えするのにふさわしい神聖な場所であることを示すために始まったといわれています。しめ縄やしめ飾りを施すことで、その内側が清らかな場所となり、魔除けにもなるため、年神様が安心してきてくださるわけです。

 

しめ縄・しめ飾りの種類と飾り方・飾る場所・向き

しめ縄・しめ飾りは、用途や地域によってじつに様々な種類があり、大変奥が深いものです。かつては、正月行事を取り仕切る家長がしめ縄を張っていましたが、時を経てだんだん簡略化されていき、玄関先、神棚などにしめ飾りを施すようになりました。

基本的には、年神様を迎える玄関先や神棚に飾りますが、かまど神や水神など様々な神様をまつる場合もあり多種多様です。ここでは一般的なものを紹介しますので、参考にしつつ、地域や家のしきたりに従ってください。


【ごぼう注連】
ごぼうのような形をしたしめ縄です。神棚向きで、神棚に飾るときは紙垂などをつけます。

普段使う縄は右へねじる「右綯い」(みぎない)ですが、お正月のしめ縄は特別なものなので、左へねじる「左綯い」(ひだりない)になっています。また、古来より左を神聖、右を俗(日常)と考えるので、神様からみたときに元の太い部分が左側になるように飾ります(人からみると、向かって右側に元の太い部分がきます)。
 

【ごぼう注連+前垂れ】
ごうぼう注連に、前垂れ(わらの垂)をつけ、裏白、紙垂、譲り葉、橙などを加えたしめ飾りです。玄関先向きで、西日本でよく見られます。
ごぼう注連に前垂れのついたタイプ。西日本で多く用いられています

ごぼう注連に前垂れのついたタイプ。西日本で多く用いられています


一般的には、ごぼう注連の太いほうが向かって右側になりますが、伊勢神宮のある三重県伊勢地方では逆向きになり、1年中飾っておきます。
 
伊勢市のしめ飾りは、ごぼう注連の向きが逆。「蘇民将来子孫之門」「笑門」などの木札がつき、1年中飾っておきます

伊勢市のしめ飾りは、ごぼう注連の向きが逆。「蘇民将来子孫之門」「笑門」などの木札がつき、1年中飾っておきます



 
【玉飾り】
太いしめ縄を輪にしたものに、前垂れ、裏白、紙垂、譲り葉、橙、海老、扇など色々な縁起物をつけたしめ飾りです。玄関先向きで、東日本でよく見られます。
東日本に多い玉飾りは、よく見ると、後ろのしめ縄が玉のような輪になっています

東日本に多い玉飾りは、よく見ると、後ろのしめ縄が玉のような輪になっています


【輪飾り】
細いしめ縄を輪にしたものに、譲り葉や紙垂をつけた小型のしめ飾り。部屋、キッチンやトイレなどの水まわりに飾るほか、門松と組みわせて飾る場合もあります。

最近はモダンなタイプも多く、おしゃれなしめ飾りを手作りする方も少なくありません。お好きなもので構いませんが、本来の意味を考えると、わらを使ったしめ縄を用いることが大切です。また、縁起ものには日本の文化が息づいていますので、1つでも取り入れると良いでしょう。

 

しめ縄・しめ飾りを飾る時期

しめ縄・しめ飾りは、本来は12月13日のすす払い(大掃除のルーツ)が終わり、年神様をお迎えするのにふさわしい場になってから飾るものでした。このため、12月13日を正月事始めといい、正月準備を始める目安となっています。

現代なら、大掃除が終わり、年神様を迎える準備が整ってからしめ縄・しめ飾りを飾ります。大掃除は年末と決まっているわけではありませんから、13日以降早めに飾っても構いませんが、今はクリスマスが過ぎた25日以降に飾り始める方が多いようです。ぎりぎりにならないよう、28日までを目安にすると良いでしょう。なお、29日は「二重苦」「苦」に通じて縁起が悪く、31日も一夜飾りになるので避ける風習があります。

こうして正月の年神様をお迎えし、松の内を過ぎたら外しますが、一般的には7日(6日とする場合もあります)、地域によっては15日(14日とする場合もあります)に外します。

 

しめ縄・しめ飾りを焼く日、捨て方

左義長(どんど焼き)では、正月飾り、だるまなどの縁起物、書き初めなどを燃やします

左義長(どんど焼き)では、正月飾り、だるまなどの縁起物、書き初めなどを燃やします


しめ縄・しめ飾りを外したら、15日(あるいはその頃)に地域や神社などで行われる左義長(どんど焼き)で焼き、正月行事に区切りをつけます。左義長に持っていけない場合には、神社に納めると良いでしょう。地域によっては、しめ飾りを回収してくれるところもあります。

無理な場合には燃えるごみとして出しますが、神聖なものですから、ほかのごみと別にしたり、紙に包んで出したり、清酒や塩で清めたりすると気持ちが良いと思います。

 

関連記事

正月行事の由来と過ごし方
なぜ鏡餅というの? 鏡餅の由来と飾り方
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。