今、蘇る「後の雛(のちのひな)」の風習

秋に雛人形を飾る風習があります

秋に雛人形を飾る風習があります

重陽(ちょうよう)の節句にともなう「後の雛」(のちのひな)という風習をご存知ですか? 後の雛は江戸時代に親しまれた風習ですが、今また “大人の雛祭り”と称され、注目されています。もっと素敵に秋を彩るために、重陽の節句・後の雛を活かしてみてはいかがでしょう。
 

重陽の節句とは、どんな行事?

9月9日の重陽の節句(菊の節句)は、五節句のひとつ

9月9日の重陽の節句(菊の節句)は、五節句のひとつ

重陽の節句とは、9月9日に行われていた年中行事です。菊を用いて不老長寿を願うことから別名「菊の節句」といいます。五節句のひとつで、昔は五節句の中でも最も盛んに行われていたといわれています。

重陽の節句は時代とともに衰退してしまいましたが、ここ数年、町ぐるみで行事をしたり、メディアなどでとり上げられるようになってきため、名前ぐらいは聞いたことがある方も多いと思います。今、重陽の節句が復活の兆しをみせているのは、行事の心や風情に魅力があるためでしょう。私自身、講演などで重陽の話をすると、多くの方がやってみたいとおっしゃいます。

日本の行事は1年を通じて人生や暮らしの営みを表しており、毎年それらを繰り返すことで人生を豊かにしてきました。

※詳しくはこちらをご覧ください→「注目したい「行事育」五つの力

五節句の場合、1月7日の人日(七草)、3月3日の上巳(桃の節句、雛祭り)、5月5日の端午、7月7日の七夕と続き、9月9日の重陽では最も大事な命にスポットをあてています。
菊に真綿を被せておき、ついた露で身体を清める「被せ綿」

菊に真綿を被せておき、ついた露で身体を清める「被せ綿」

重陽の節句では、菊酒、被せ綿(きせわた)、菊枕、菊湯、菊合わせなどの菊尽くしで不老長寿や除災除厄を願います。今風にいえば、アンチエイジングで幸せな日々を願う風雅なお祭りといえるでしょう。また、重陽の節句は秋の収穫祝いにも結びついていったため、秋茄子や栗ご飯でお祝いをする習慣もあり、秋祭りの「くんち」(9日が訛ってくんちになりました)や、敬老の日にも重陽の影響があるといわれています。

※詳しくはこちらをご覧ください→「9月9日・重陽の節句(菊の節句)の楽しみ方

重陽の節句にともない注目されているのが「後の雛(のちのひな)」です >>>