ひな祭り・桃の節句とは?由来や食べ物についての疑問を解決!

ひな祭り/桃の節句とは?お祝い料理・食べ物

ひな祭りをみんなで楽しみましょう!

3月3日の「ひな祭り(雛祭り)」は、ひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を願う行事。「桃の節句」「上巳の節句」とも呼ばれています。

そもそも、なぜそんなことをするのでしょう? ひな祭り行事の料理・食べ物(菱餅、ひなあられ、白酒、はまぐり、ちらし寿司など)やひな祭りカラーの意味って? 素朴な疑問を解決すると、もっと素敵に過ごせます!
   

ひな祭り/桃の節句とは?由来・意味

流し雛

いにしえの伝統が残る流し雛

3月3日は、本来、女の子のための行事をする日ではありませんでした。

ひな祭りの起源は、300年頃の古代中国で起こった「上巳節」にさかのぼります。
「上巳(じょうし/じょうみ)」とは3月上旬の巳の日という意味で(のちに日付が変動しないよう3月3日となる)、季節の変わり目は災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられていたため、この日に水辺で穢れを祓う習慣がありました。

この上巳節が遣唐使によって日本に伝えられ、禊(みそぎ)の神事と結びつきました。最初は、天子(天皇のこと)のためにお祓いをしていましたが、平安時代に宮中行事として取り入れられ、「上巳の祓い」として「曲水の宴」を催したり、人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、川や海へ流すようになりました(人形流しは、人間が川や海につかって禊をするかわりに、草、わら、紙などで作った人形に穢れを移し流してしまう身代わり信仰。「上巳の祓い」だけでなく、6月30日の「夏越の祓い」、12月31日の「年越しの祓い」など、老若男女を問わず人々の幸福を願って行われています)。今でも一部地域でみられる「流し雛」は、この名残です。
ひな祭り/桃の節句とは

流すものから飾るものへ変化したひな人形

やがてこれが武家社会に広がり、江戸幕府によって「上巳の節句」が五節句のひとつに定められると、5月5日の「端午の節句」が男の子の節句であるのに対し、3月3日は女の子の節句となり、定着していきました。

「桃の節句」という別名は、桃の開花期に重なるというだけでなく、桃の木が邪気を祓う神聖な木と考えられていたからです(余談ですが、だから桃太郎が邪気の象徴である鬼を退治するわけです)。

また、人形(にんぎょう)作りの技術が発展し高級化してくるにつれ、人形は流すものから飾るものへと変化し、内裏雛を雛壇に飾る「ひな人形」が流行しました。こうして、女の子の幸せを願ってひな人形を飾るようになり、「ひな祭り」として皆でお祝いをするようになったのです。

▷詳しくは「雛人形の由来と飾る時期

 

ひな祭りの食べ物~菱餅と3色のひな祭りカラー由来

3月3日は、その由来からも分かるように、春を無事に迎えられたことを喜び、これからも皆が元気で過ごせるようにと願う日でもあります。

女の子を主役にするもよし! みんなで春を寿いでもよし! この日にふさわしい食べ物や色を楽しみ、素敵に過ごしてみてはいかがでしょう。
ひな祭り/桃の節句に食べるもの・お祝い料理・行事食 菱餅

菱餅の色や重ね方にも意味があります

菱餅のルーツは、古代中国の上巳節で食べていた母子草のお餅で、母と子が健やかであるようにという願いが込められています。それが日本でよもぎ餅となり、江戸時代に菱を入れた白い餅が、明治時代にくちなしを入れた赤い餅が加わって、3色となりました。それぞれに、健やかな子に育ってほしいという願いが込められています。
  • 桃色(赤):赤いクチナシの実には、解毒作用がある。赤は魔よけの色。
  • 白:血圧を下げるひしの実が入り、子孫繁栄、長寿、純潔を願う。
  • 緑:強い香りで厄除け効果があるよもぎ餅。健やかな成長を願う。

また、3色を重ねる順番で春の情景を表現しています。
  • 下から緑・白・桃色の順番で、“雪の下には新芽が芽吹き、桃の花が咲いている”
  • 下から白・緑・桃色の順番で、“雪の中から新芽が芽吹き、桃の花が咲いている”

この3色はひな祭りの色として定着しており、さらに菜の花を表す黄色を加え、より華やかにする場合もあります。いずれも飾り付けなどに活用すると、ひな祭りの演出にぴったりです。

▷詳しくは「菱餅の由来や色の意味・重ね方の順番や食べ方

 

ひな祭りの食べ物  ひなあられの由来・東西で味も形も違う?

ひな祭り/桃の節句に食べるもの・お祝い料理・行事食 ひなあられ

ひな祭りは水辺の行事だったことが行事食にも反映されている

その昔、ひな人形を持って野山や海辺へ出かけ、おひなさまに春の景色を見せてあげる「ひなの国見せ」という風習があり、春のごちそうと一緒にひなあられを持って行ったのが始まりで、菱餅を砕いて作ったという説もあります。

関西風のひなあられは“あられ”ですが、関東風のひなあられは“ポン菓子”で、味も見た目も違います。

▷詳しくは「ひなあられは東西で味も形も違うってホント?

 

ひな祭りの飲み物  白酒・洒落た大人は?!桃花酒・子どもは甘酒

もともと、桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることから、桃の花を酒にひたした 「桃花酒(とうかしゅ)」を飲む風習がありました。

江戸時代から白酒が好まれるようになり、定着していきましたが、白酒はアルコール度数10%前後のお酒ですから、大人しか飲めません。

子供にはノンアルコールの甘酒がおすすめです。甘酒には2種類あり、酒粕を使ったものはアルコールを含みますが、ご飯に米麹を混ぜて一昼夜ねかせて作るもの(別名「一夜酒(ひとよざけ)」)はアルコール度数1%未満なので、子供でも安心です。

▷詳しくは「白酒と甘酒は別物!桃花酒で大人のひな祭り

 

ひな祭りの食べ物  はまぐりなどの二枚貝

ひな祭り/桃の節句に食べるもの・お祝い料理・行事食 潮汁

ひな祭りの潮汁は、1つの蛤に2つ分の身をのせて盛り付けます

ひな祭りは水辺に関係してるため、海の幸を供えました。また、はまぐりなどの二枚貝は、対の貝殻しか絶対に合わないことから貞操を象徴し、何事にも相性の良い結婚相手と結ばれて、仲睦まじく過ごせることを願っています。盛りつけるときに、開いた貝の両側にそれぞれ身をのせ(1つの貝に2つ分の身がのる)、将来の幸せを祈っていただきましょう。

 

ひな祭りの食べ物 ちらし寿司

海の幸を多用しており、えび(長生き)、れんこん(見通しがきく)、豆(健康でまめに働ける)など縁起のいい具も祝いの席にふさわしく、みつば、玉子、にんじんなどの華やかな彩りが食卓に春を呼んでくれるため、ひな祭りの定番メニューとなりました。


ひな祭り関連記事
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。