雨をどう受け止めますか?

雨のときこそ、こころにゆとりを

雨のときこそ、こころにゆとりを

「あーっ、濡れちゃった」

傘を閉じてこうつぶやきながら、鬱陶しそうにしずくを掃う……雨に濡れれば誰だって不快ですよね。

しかし、雨が降るのは自然の摂理。空梅雨でも困りますしね。雨の日対応製品や撥水スプレーを使っても多少は濡れてしまいますから、少しぐらい濡れても仕方がないと思えたら、こころにゆとりが生まれませんか。

さらに、“濡れたっていい”と思わせる工夫をしてみましょう。


雨の日に魅せる1枚を

雨のシーンで映えるよう、その日のファッショに合わせてチョイス。雫のようなパーツも素敵なアクセント♪
普通のハンカチはちょっとした雨でびしょびしょになってしまうので、水をよく吸う大判のものをもう1枚準備していきましょう。プチタオルなら、肌触りのいいお洒落なデザインを。手ぬぐいだったら、和モダンな柄がおすすめです。さらに魅力的な1枚にするポイントがは2つあります。

【魅せるポイント1 ~コーディネート】
雨の日用の1枚は必ず傘と合わせてコーディネートしておきます。色・柄・テイストが合わせるポイント。例えば、柄物の傘なら柄に使われている色を。無地の傘なら、傘と同色をトーンを変えて使ったり、黒を合わせてシックにキメたり、柄物にして雰囲気を変えたり。さらに何枚か準備しておき、服に合わせてチョイスできたらお洒落上級者。この1枚で雨の日のコーディネートがレベルアップ!

【魅せるポイント2 ~香り】
手ぬぐいもおすすめ!思わず見せたくなるようなポップな柄は、季節を先取りした七夕の短冊と、ワンちゃん柄。

アロマオイルを活用し、香りをつけておきましょう。洗濯の際、すすぎの水に好みのアロマオイルを数滴垂らしておけば、使うたびにほのかな香りが楽しめます。

こうしてとびきりの1枚をバッグに忍ばせておくと、使いたくてわくわくしてきます。それに、自分だけではなく同伴者のことも拭きたくなるでしょう。さらに、傘の雫がかかっても怒らなくなるんです……これ、本当。たった1枚で優しくなれるから、すごい効果です。


とくにおすすめなのが手ぬぐいでして、雨の日にこんな使い方ができます  >>>