梅雨のイメージ

紫陽花

あなたにとって梅雨はどんなイメージですか?

梅雨といえば、うっとうしい、ジメジメ、憂鬱などという言葉が続くことが多いのですが、五月雨(さみだれ)といえば雨を見つめる眼差しが変わりませんか? 言葉ひとつで気分も変わるから不思議ですね。今回はそんな梅雨のことばをご紹介します。

梅雨の語源・由来

梅の実

梅の実が熟す頃と梅雨は重なります

そもそも、どうして梅雨というのでしょう? その語源は中国にあります。
  • 梅雨(ばいう)……梅の実が熟す頃に降る雨だから
  • 黴雨(ばいう)……黴(かび)が生えやすい時期の雨だから。あまり良い語感ではないため、「梅雨(ばいう)」の字を当てるようになったという説もあります。
この「梅雨(ばいう)」が江戸時代に日本に伝わりますが、日本流に「つゆ」と呼ぶようになったのは、次のような説があります。
  • 「露(つゆ)」からの連想
  • 黴によって物が損なわれる「費ゆ(つひゆ)」に由来
  • 梅の実が熟す頃という意味の「つはる」に由来
  • 梅の実が熟して潰れる頃という意味の「潰ゆ(つゆ)」に由来
こうして梅雨(つゆ)が定着しましたが、日本には素敵な異称があります。

梅雨の異称

「さみだれ」ということばの響きもうつくしい…

「さみだれ」ということばの響きも美しい……


■五月雨(さみだれ)

「さ」は旧暦の5月(現在の6月ごろ)をさし、「みだれ」は「水垂れ」という意味。梅雨という言葉が伝わる前は五月雨でした。

■梅霖(ばいりん)
「霖」はながあめという意味です。

さらに、梅雨の表情をとらえた色々なことばがあります>>>