鶏唐揚げのお手軽甘酢あんレシピ……れんこんの味が美味しい!

所要時間:20分

カテゴリー:メインのおかずあんかけ

 

「唐揚げレシピ」+「お手軽甘酢あんレシピ」

今回の「鶏唐揚げと秋野菜のお手軽甘酢あん」は、「定番鶏の唐揚げ」と「お手軽甘酢あん」の組み合わせで、お得なレシピとなります。また、唐揚げの下味調味料も同量比、甘酢あんの調味料も同量比なため、目分量でも作れる手軽さです。ジューシーな唐揚げと適度な酸味の甘酢あんは抜群の相性! 毎日のおかずに、お酒のおつまみにどうぞ。
 

鶏唐揚げと秋野菜の甘酢あんの材料(2~3人分

鶏唐揚げと秋野菜の甘酢あん
鶏もも肉 1枚
さつまいも 1/2本(中)
かぼちゃ 1/8個(中)
れんこん 5センチ
ししとう 6本
薄力粉 大さじ4
適量
下味調味料
醤油 大さじ1/2
大さじ1/2
ごま油 大さじ1/2
生姜 1/2かけ(すりおろし生姜) 
お手軽甘酢調味料
大さじ2
はちみつ 大さじ2
醤油 大さじ2
大さじ2
片栗粉 水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1・水小さじ2)

鶏唐揚げと秋野菜の甘酢あんの作り方・手順

鶏唐揚げと秋野菜の甘酢あんの作り方

1:材料を準備する。

材料を準備する。
鶏肉は一口大に切ります。
さつまいも、かぼちゃは7、8ミリ幅に切ります。
レンコンは5ミリ幅に切ります。
ししとうは横に一本、切り込みを入れます。 使う野菜はお好みでどうぞ。

2:鶏肉を【下味調味料】の材料で和える。

鶏肉を【下味調味料】の材料で和える。
鶏肉を【下味調味料】の材料(醤油・酒・ごま油・すりおろし生姜)で和えます。そのまま(野菜を揚げている間)置きます。

揚げる直前に薄力粉をまぶします。
 

3:160~170度に熱した油で、野菜を素揚げにする。

160~170度に熱した油で、野菜を素揚げにする。
160~170度に熱した油で、野菜(さつまいも、かぼちゃ、レンコン、ししとう)を素揚げにします。引き続き、薄力粉をまぶした鶏肉も揚げていきます。揚げ油160度は、菜箸を水でぬらし、水けを拭った後、揚げ油に入れてみて、菜箸の先からゆっくり泡が出てくる状態が目安です。 気泡が細かになり、肉が軽く感じるようになったら、揚げ上がりの目安です。最後に少々火を強めて(油の温度をあげて)、表面をカラッとさせると美味しい唐揚げになります。

4:フライパンに材料を入れ、中火~弱火にかける。

フライパンに材料を入れ、中火~弱火にかける。
フライパンに【お手軽甘酢調味料】の材料(酢・はちみつ・醤油・水溶き片栗粉)を入れ、中火~弱火にかけます。タレがとろっとしたら、すぐ火を止めます。
素揚げした野菜と唐揚げを加え、ざっくりと混ぜます。 火のかけ過ぎは厳禁です。もし煮詰まりすぎたら、水を加えて調整してください。

5:完成。

完成。
おかずに、おつまみに大活躍の「鶏唐揚げと秋野菜のお手軽甘酢あん」です。

【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。