カリッとジューシー 豚の角煮焼き

カテゴリー:メインのおかず豚の角煮

 

カリッとジューシー 豚の角煮を焼きましょう!

豚の角煮をさらに焼くと、とてもおいしいのをご存知でしょうか? 焼けば脂も落ちますので、ヘルシーでもあります。以前ご紹介した「日本酒で煮込む豚角煮」やオーソドックスな「豚の角煮」を使っても、おいしくできますが、ここではまず、“焼き角煮”にぴったりな、野菜の旨みをたっぷり吸った豚の角煮レシピをご紹介し、それを焼いて仕上げることにします。カリッとして、中はとろとろ、うまいですよ!

豚の角煮焼きの材料(二~三人分

豚の角煮の材料
豚バラ肉 500g(ブロック)
にんじん 1/2本
たまねぎ 1/2個
セロリ 1/2本
パセリ 1枝
好みの野菜 くず野菜で可 適宜
ローズマリー 1~2枝
ローリエ 1枚
クローブ 1粒
ブラックペッパー 5~6粒
粗塩 適宜
1.5~2L
小麦粉 少々
適宜
こしょう 適宜
サラダ油 適宜
バルサミコ酢 適宜
セロリは葉ではなく白っぽい芯の部分を使います。また、ハーブ、スパイス類で足りないものがあれば、入れなくても結構です。スープの味をじっくりと肉に吸わせるので、ストウブ、ル・クルーゼなど厚手の冷めにくい鍋を使うとよいでしょう。

豚の角煮焼きの作り方・手順

豚の角煮を作る

1:

鍋にたっぷりの水を入れて沸騰させ、6cm角ほどに切った豚バラ肉を入れて茹でます。5分ほど経ったら、豚肉を取り出し、血などが付いていれば洗い落とします。

2:

にんじん、セロリ、たまねぎは、それぞれ乱切りにします。たまねぎは、フライパンに入れ、中火~強火で炒め、焦がします。

3:

たまねぎは、左の写真ぐらい焦げるまで、炒めます。黒くなった部分があっても大丈夫です。

4:

厚手の鍋に、下茹でした豚肉、焦がしたたまねぎ、にんじん、セロリ、パセリ、くず野菜、ローズマリー、ローリエ、クローブ、黒こしょう、粗塩少々と水を加えて火にかけます。

沸騰したら弱火にします。スープを味見し、塩味が薄ければ塩を追加します。そのまま1時間~2時間程度、豚肉がほろほろと柔らかくなるまで煮込みます。

5:

肉が柔らかくなったら火を止め、フタをしたまま、30分ほどそのままにしておきます。この間にスープが肉にじっくりと滲みこみます。

6:

これで豚の角煮はできあがり。冷めすぎたら温め直して供します。煮汁は、焼き角煮のソースを作る際にも使います。
煮汁は、とってもおいしいブイヨンになっていますので捨ててはいけません。表面に浮いた脂を取り除いた上で(一晩おいて、固まった白い脂を取り除けばよいでしょう)、野菜を煮たり、具沢山のスープを作るなど、さまざまな料理に使えます。

豚の角煮焼きを作る

7:

続いて焼き角煮を作ります。まず、角煮に塩、こしょうをし、小麦粉をまぶしつけます。
塩分は角煮の味をみて調節してください。また、角煮が柔らかいので崩れないように注意してください。

8:

フライパンに油少々をしいて中火にかけ、角煮を入れ、一面ずつ、順に焼き色をつけていきます。

9:

すべての面をカリッと焼き、スープの旨みを閉じ込めます。

10:

最後にソースを作ります。フライパンを洗うかキッチンペーパーで拭くかして油脂分と焦げた小麦粉を取り除き、そこに角煮の煮汁少々と同量のバルサミコ酢を入れます。

弱火にかけ、とろりとしてくるまで煮詰め、それを焼いた角煮に回しかけます。

ガイドのワンポイントアドバイス

バルサミコ酢の代わりに「黒酢」を使い、中華風にしてもおいしいですよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。