食べるラー油のもやし角煮丼

所要時間:10分

カテゴリー:手作り調味料食べるラー油

 

辛くてスタミナ溢れる、簡単丼

ご飯に食べるラー油と和えたもやしをのせ、さらに豚の角煮をのせた丼ものです。既製品を使えばごく簡単に作れ、また自家製を使えばなおおいしく仕上がります。辛くてスタミナたっぷりの一品で、不快な季節を乗り切りましょう。

食べるラー油もやし角煮丼の材料(2人分

丼の材料
ご飯 一杯分
ラー油 (食べるラー油)大さじ2
もやし (もやし用)200g
醤油 大さじ2
角煮の材料
豚バラ肉 300g
醤油 大さじ4
砂糖 大さじ3
日本酒 200ml
昆布 20g
約800ml(肉がかぶるまで)

食べるラー油もやし角煮丼の作り方・手順

作り方

1:

鍋に水を入れて沸騰させ、洗って根を取ったもやしを入れる。3~5分ほど茹でたら、ザルにあげる。水気が切れたらボールに入れ、食べるラー油、醤油(もやし用)を加えてよく混ぜる。

2:

ご飯を丼に入れ、1のもやしと、豚の角煮を載せて供す。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。