男の料理/鍋もの・和食レシピ

辛くないけど体がほかほか温まるお鍋 白チゲ

唐辛子の入らないチゲです。辛くはないけれど、しょうがやねぎ、にんにくの効果でほかほかと体が温まります。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
辛くないけど体がほかほか温まるお鍋 白チゲ

所要時間:30分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋

 

辛くないが体がほかほか温まる薬膳鍋

唐辛子の入らないチゲです。辛くはないけれど、しょうがやねぎ、にんにくの効果でほかほかと体が温まります。

辛くないけど温まる 白チゲの材料(2人分

白チゲの材料
昆布 5cm角1枚
白菜 1/4個
大根 1/4本
ねぎ 1本
鶏肉 100g (骨付きや首肉などだしの出る部位)
あさり 100g (砂抜きしたもの)
豆腐 (おぼろ豆腐) 1個
300ml
大さじ2
生姜 1片
ニンニク 1片
柚子 (皮) 少々
小さじ1/2
醤油 ポン酢など 適宜

辛くないけど温まる 白チゲの作り方・手順

白チゲの作り方

1:材料を重ねてゆく

材料を重ねてゆく
土鍋に昆布、食べやすい大きさに切った白菜、5cm幅程度に切った長ねぎ、短冊切りの大根の順に重ね、スライスしたニンニクと千切りのしょうがを散らし、塩をふりかける。

2:鶏肉(ここでは首肉を使った)を載せる

鶏肉(ここでは首肉を使った)を載せる
塩こしょう(分量外)少々をまぶした鶏肉を上に載せ、水と日本酒を注ぎ入れてふたをし、弱めの中火にかける。

3:あさりと豆腐、柚子の皮を入れる

あさりと豆腐、柚子の皮を入れる
沸騰したら弱火にし、鶏肉の色が変わって火が通ったら、おぼろ豆腐とよく洗ったあさりを加えて柚子の皮を散らし、ふたをする。アサリの口が開いたら完成。醤油、すだち、ポン酢などで食べる。

ガイドのワンポイントアドバイス

クコの実、松の実、干したナツメなどを加えるとより薬膳効果が高まり、体に優しいお鍋になります。

更新日:2009年11月30日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    0

    この記事を共有する