男の料理/おつまみ・ワインに合うレシピ

黒酢が決め手!肉だけで作る黒酢豚のレシピ

野菜の入ったおなじみの広東風ではなく、北京風の酢豚をご紹介します。黒酢を効かせ、具は肉だけ。甘酸っぱくても決して甘ったるくはない、ヘルシーな「大人の酢豚」です。

この記事の担当ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
黒酢が決め手!肉だけで作る黒酢豚のレシピ

カテゴリー:メインのおかず酢豚

 

味の決め手は黒酢!肉だけで作る北京風酢豚

たまねぎやピーマンの入ったおなじみの酢豚は、広東料理から生まれた子供も大好きな家庭的なお惣菜ですが、ここで紹介するのは北京風の酢豚。黒酢を効かせ、具は肉だけ。甘酸っぱくても決して甘ったるくはない、「大人の酢豚」です。脂の少ないヒレ肉と黒酢をたっぷり使うので、ただ旨いだけではなく、とてもヘルシーです。ぜひ挑戦してみてください!

肉だけで作る黒酢豚の材料(2人分

酢豚
豚ヒレ肉 (黒豚)ブロック250g
甘酢
ねぎ 5cm程度
生姜 ひとかけ
黒酢 (中国黒酢がなければ国産黒酢)大さじ2
黒砂糖 大さじ2
醤油 大さじ1
(又は紹興酒)大さじ1
ひとつまみ
大さじ2
片栗粉 小さじ1
大さじ2と1/2程度
片栗粉 大さじ4
サラダ油 少々

肉だけで作る黒酢豚の作り方・手順

甘酢を作る

1:

まず、ねぎを粗みじんに切ります。写真のように、ねぎに包丁を突き刺すようして、たくさん切り込みを入れ、小口から切り、さらに包丁で細かくすると簡単です。

2:

さらに生姜もみじん切りにします。

3:

ボールにねぎと生姜のみじん切りを入れ、片栗粉を除いた甘酢用の材料全部を加えます。

よく混ぜてそのまま置いておきます。

肉を下ごしらえする

4:

ヒレ肉は1.5cm幅程度に切ります。大きければひと口大ほどになるよう、さらに二つに切り分けます。

5:

肉に格子状に切り込みを入れます。味がよくしみ、また揚げたときすぐ火が通るようにするためです。

6:

肉をボールに入れ、醤油と酒を加えてよく揉み、下味をつけます。このまましばらく置いておきます。


待っている間に最後に薬味として使う白髪ねぎを作っておくと良いでしょう。白髪ねぎの作り方はこちらを参考にして下さい。

肉を揚げる

7:

ボールに分量の水と片栗粉、油少々を入れ、ていねいに混ぜ合わせます。箸から衣がツーっと糸のように垂れるぐらいになるよう、水の量を加減します。

8:

下味をつけた豚ヒレ肉をボールに入れて衣をつけ、余分な衣を落としてから160℃程度の低温の油で揚げます。

ある程度火が通ったら一度取り出し、油の温度を高くしてもう一度入れ、火が中まで通り、表面がカリッと仕上がるまで、二度揚げします。揚がったら油を切り、皿やボールなどに入れておきます。

酢豚を作る

9:

甘酢に小さじ1程度の片栗粉を加え、よく混ぜます。

10:

中華鍋に油を入れて火にかけ、甘酢を投入します。すぐに甘酢にとろみが付き、ぽこぽこと沸騰してくるので、揚げた豚肉を一気に加えてすばやく全体を絡めます。

皿に盛り、白髪ねぎを上からかけて供します。


ガイドのワンポイントアドバイス

肉だけじゃなく他の具も入れたい、という方はたまねぎやピーマンじゃなく、ほっくりと揚げた山芋を入れると美味です。また最後にかぼすを絞りかけると、爽やかな香りが立って、これまたいい感じですよ。

更新日:2005年10月06日

あわせて読みたい

    この記事を読んで良かったですか?

    良かった

    15

    この記事を共有する