精油(エッセンシャルオイル、アロマオイル)とキャリアオイルを使って、スキンケアに役立つ「アロマブレンドオイル」をご紹介します。

アロマブレンドオイルとは

エッセンシャルオイルだけではお肌に塗れません。アロマスキンケアの基本が「ブレンドオイル」
精油だけではお肌に塗れません。アロマスキンケアの基本が「アロマブレンドオイル」
アロマテラピーで使う精油は、植物100%のいわば植物のエキス。とってもいい香りがするものの、少し濃厚。そのままお肌につけることはできません。そのため、何かで薄めるのですが、お肌につける場合はキャリアオイルという植物油に薄めることが多くあります。精油の作用もマイルドになり、香りもちょうど良くなります!

このようなキャリアオイルと精油を混ぜたものを「アロマブレンドオイル」と呼びます。アロマブレンドオイルなら、そのままお肌に塗ってスキンケアに使うことができます。精油の効果はもちろん、キャリアオイルの効果(保湿など)も取り入れることができます。


アロマブレンドオイルの作り方のポイント

キャリアオイルに対して精油が1%以下になるようにブレンドするのが一般的。お肌に対してマイルドな作用で安全に使うことができますよ。

例えば、キャリアオイルが10mlに対して1%濃度のブレンドオイルを作るには、次のような計算式で精油の滴数を出します。

■キャリアオイルが10mlの場合
10ml×0.01(1%)=0.1ml

精油ボトルを傾けたときに出てくる1滴の分量は0.05mlです。
出された0.1という数字を0.05で割ります。
0.1ml÷0.05ml=2滴

2というのが精油の滴数です。
つまり10mlのキャリアオイルに対して、1%濃度のアロマブレンドオイルを作るときに必要な精油の量は「2滴」になります。

0.05という数字は、精油ボトルを傾けたときに出てくる1滴の分量です。