コンパニオン・プランツとは

マリーゴールド
マリーゴールドはセンチュウに効果があることで有名
コンパニオン・プランツとは、種類の違う植物同士を近くに植えることによって病害虫の発生を防ぐ、生育が良くなる、食用植物の風味が増すなど、互いに良い影響を及ぼしあい共栄する植物のことを指します。

野菜やハーブといった食用植物にはできるだけ農薬を使いたくない…、そんな思いから自然農薬とともに古くから試みられている方法です。
これらは長い年月にわたり経験と観察を積み重ねて伝えられてきたもので、いわば民間療法のようなものです。
市販の農薬のように「効果テキメン!」とはいきませんが、少しでも農薬を減らしたいと考えているのなら、コンパニオン・プランツを試してみてはいかがでしょう?

それでは次項から、一般的に効果があるとされている植物や組み合わせについてご紹介しましょう。 ※それぞれのコンパニオン・プランツの効果は、保証されたものではありません。
植物の成長や病害虫の発生は、植え場所や気候などあらゆる条件によって左右されるものであることをご理解の上、ご活用ください。



害虫を寄せつけない!

ミント
ミントなど多くのハーブがその独特の芳香で害虫を忌避すると言われている

有用植物に害虫を寄せつけない働きをするコンパニオン・プランツには、ハーブなど独特の香り成分で害虫を忌避する植物や、マリーゴールドのように殺虫成分を含む植物、また自らが‘おとり’となって他の植物を守る「トラップ植物」と呼ばれるものなどがあります。

【害虫を忌避する働きのある植物】

  • セージ
    モンシロチョウなど有害な飛翔昆虫を忌避する
  • タイム
    モンシロチョウを忌避する
  • チャイブ
    アブラムシを忌避する
  • ナスタチウム
    アブラムシやアリ、コナジラミを忌避する
  • ニンニク
    アブラムシを忌避する
  • バジル
    アブラムシやコナジラミを忌避する
  • マリーゴールド
    コナジラミを忌避する
    また、根内に殺センチュウ成分を含む
  • ミント
    アブラムシやアオムシを忌避する
  • ラベンダー
    多くの害虫を忌避する
  • ローズマリー
    モンシロチョウを忌避する
  • ワイルドストロベリー
    モンシロチョウやヨトウムシを忌避する
次ページでは、トラップ植物、相性の良い組み合わせ、悪い組み合わせについてお話します>>次ページへ