虫除けにはハーブが大活躍!

うっとうしい蚊の季節。みなさんはどんな風に予防していますか? 最近は、殺虫剤や化学薬品の虫除けスプレーを安易に使うことは、あまり良くないのではないかと感じている方が、増えてきているのではないでしょうか。

そこで、窓を開けておきたいとき、植物の力で蚊をよける方法や、アウトドアに出かける際の、ハーブを利用した虫除け方法などをご紹介します。

ヨーロッパの家の窓辺を彩るゼラニウム

ヨーロッパの家の窓辺を飾るゼラニウム
ヨーロッパを訪れると、良く見かけるこの光景。もともとは虫除け対策だったといわれています。
ヨーロッパを訪れると、窓の下にプランターを設置して、ゼラニウムを植えている家をよく見かけます。ピンクや赤のゼラニウムが、ヨーロッパの重厚な建物とマッチして、とても素敵な光景なのですが、実はこのゼラニウム、もともとは虫除けのために植えられていたともいわれています。

ゼラニウムの仲間の中でも、特に香りの強い、セインテッドゼラニウムというタイプの品種は、昔から香料を取るために栽培されていました。そのなかでも虫の嫌がる香りを発するゼラニウムを窓辺に置けば、部屋への虫の侵入を防ぐと共に、室内にさわやかな香りが流れ込む効果も期待できるというわけです。確かに、ヨーロッパの住宅には網戸やエアコンがないことが多いので、窓を開けておくには、虫除けのバリアーのようなものが必要となるのもうなずけますね。

虫除け効果のあるゼラニウム

虫除け効果のあるゼラニウム
蚊の嫌がる香りを発する「カレンソウ」
その、セインテッドゼラニウムの中で、特に蚊の嫌がる香りを発する品種が、日本では、「カレンソウ」とか、「蚊除け草」などという商品名で売られています。蚊の嫌がる香りといっても、人間にとってはさわやかな香りのするゼラニウムです。

手入れ方法は、日の当たる場所に置いて、土が乾いたら水をやるという、ごく簡単なものです。花は、通常のゼラニウムに比べると地味なのですが、きちんと切り戻せば、繰り返し咲いてくれるので、蚊除けをしながら、さわやかな香りと花を楽しめるという、一石三鳥の植物でもあります。


次のページでは、アウトドアに役立つハーブを紹介。