クリスマスに、街路樹や公園の樹木を電飾することが一般的になるとともに、自宅の庭もイルミネーションで飾る方が増えてきました。そこで、今年からイルミネーションを始めてみようという方も、これまでもイルミネーションをしているという方も、今年は、「ただイルミネーションする」のではなく、「美しくイルミネーション」をしてみませんか?

美しいイルミネーションとは?

樹木にイルミネーションする際は、樹木の形が、そのままイルミネーションのラインとして活かされることが、美しく見せるポイントです。コツは、電球の下端の高さを揃えること。そして、枝の先端にきちんと電球がつくように留めることです。例えば、何本かの樹木にイルミネーションするときは、それぞれの樹木の電球の下の端の高さを揃えます。また、枝の先端に電飾を伝わせて、そのまま、隣の枝へ連続させると、枝の先と先が直線で結ばれるようになり、樹木の本来の形が活かせなくなってしまいます。

ヤマボウシ
 
このようなことを頭に入れながら、早速、電飾を取り付けていきましょう。
今回電飾するのは、この木。ヤマボウシの株立で、高さは3m弱です。

使用する電球は、白色のLEDで、1本につき140球ついているものを4本使用しました。1本の木につき、電飾が2本以上必要になりそうな場合は、途中でつなげるよう、「連結可能」と書いてある商品を選ぶようにします。その際、「○本まで連結可能」と連結できる本数が制限されていますので、その部分もよく確認しておきます。

電飾の取り付け方


スイッチボックスを取り付ける。
 
1.スイッチボックスを樹木の根元に取り付ける。
このとき、正面から見えないよう、裏側に取り付けると、より、美しく仕上がります。

電飾を取り付け始める
 
2.スイッチボックスのすぐ上から電飾を取り付け始めます。写真のようにスイッチボックスから電飾の端までの間のコードが余ることがありますが、このときは余らせておいて、最後に処理することにします。

電球を留める材料は、バインド線といって、銅線が黒い樹脂で覆われている、電気工事で使用される材料を使用します。電飾を買うと、よく、つるつるとした緑色の針金がついていることがありますが、樹木の幹は、決して緑色ではないので、かえって目立ってしまうことがあります。また、インシュロックという樹脂製の電材で留める方法も紹介されていますが、これは、庭のフェンスなどの構造物に固定する場合には向いていますが、伸縮しない素材で、きちっと固定されすぎるので、樹木のことを考えると、あまりおすすめできません。


ここまで出来たら、あとは樹形に沿って電飾を取り付けていくだけです。樹木に美しく沿わせるコツは、次のページで。