春の七草

1月7日は「七草」。セリ・ナズナ・スズナ・スズシロ・ホトケノザ・ゴキョウ・ハコベラの7つの野草をおかゆに入れて食べると、邪気を払い、万病を避けることができると言い伝えられています。
春の七草
左上から時計回りに、セリ・ナズナ・ゴギョウ・スズナ・スズシロ・ホトケノザ・ハコベ

昔は冬の季節には青野菜が不足していて、春が近づいたこの季節に野草を摘みにでかけてたのでしょう。

現代では、この七草がパックになったものや、籠に寄せ植えにされたものなどが売られていますが、せっかくなので、お正月の運動不足解消も兼ねて、この七草をさがしに出かけてみてはいかがでしょう?

「でも、こんな寒い日に野草が生えているの?」と思われる方もいらっしゃるはず。実は、旧暦の七草の日は、現代の暦では、2月の半ば頃。立春を過ぎ、そろそろ暖かくなりはじめる頃です。しかし、最近の都市近郊では、冬が冷え込む日が少なくなっているので、1月でも、雑草が芽を出している光景は、よく見かけるようになってきました。

次のページでは、それぞれの植物の特徴と、どのようなところに生えているのかなどの生態を紹介しますので、それをヒントに探してみてください。

春の七草をさがすヒント