白い菜の花?・・・長年の疑問を解決しましょう。
一面に広がる菜の花畑や、川沿いに揺れる菜の花……あの黄色い花を見つけると“春だなぁ”と感じますが、時々、ちょっと不恰好な菜の花や白い菜の花を見つけて、「これも菜の花?」と思ったことはありませんか。明確な答えが得られず、うやむやのまま過ごしている方も多いでしょう。

それもそのはず、菜の花はとても種類が多いのです。春の散策を楽しむためにも、素朴な疑問を解消しましょう。


菜の花には、食材としてお馴染みの野菜がいっぱい!

白菜もトウが立つと立派な菜の花になるのです。
そもそも「菜の花」という植物は植物学的にはなく、アブラナ科の植物の総称でして、花びらが4枚で十文字に咲くことから十字花植物とも呼ばれています。

また、菜の花の“菜”には「食用に出来る葉や茎」という意味もあるそうです。

●アブラナ科の植物
アブラ菜、コマツ菜、白菜、キャベツ、ミブ菜(京菜)、カブ、カラシ菜、ブロッコリー、カリフラワー、葉牡丹、クレソン、大根 など

ブロッコリーの花も…菜の花!
こうして見ると、日頃食材となっているものが多い。普段は花が咲く前に収穫されてしまいますが、種子を採るため、または放置されたまま成長を続けると、トウが立って花が咲きます。ですから、畑などで菜の花だ!と思って近づいてみると茎がちょっと赤っぽい。根元を見たら赤カブだった…としても、これも菜の花でいいわけです。

■菜園の花・花・花
……アブラナ科の野菜(アブラ菜、白菜、キャベツ、水菜、サラダ菜、チンゲン菜、ブロッコリー、カリフラワー、大根など)のほか、いろいろな野菜の花が見られます。

菜の花が黄色いとは限りません

大根の花は白ですが、赤筋大根の花はこんなに綺麗!
白い菜の花を見かけたことはありませんか。菜の花は黄色い花ばかりではないのです。

白い菜の花の代表は大根です!また、大根の種類によって少し色味が違い、薄紫の花をつけるものもあります。


しかし、菜の花の王道といえばアブラ菜!このアブラ菜は、出世魚みたいに呼び名が変わるのをご存知ですか?しかも、花屋さんに並ぶのは白菜です  >>>