白い菜の花やヘンな姿の菜の花を見かけます

白い菜の花?・・・長年の疑問を解決しましょう。

白い菜の花があるの?・・・長年の疑問を解決しましょう

一面に広がる菜の花畑や、川沿いに揺れる菜の花……あの黄色い花を見つけると“春だなぁ”と感じますが、時々、ちょっと不恰好な菜の花や白い菜の花を見つけて、「これも菜の花?」と思ったことはありませんか。明確な答えが得られず、うやむやのまま過ごしている方も多いでしょう。

それもそのはず、菜の花はとても種類が多いのです。春の散策を楽しむためにも、素朴な疑問を解消しましょう。

 

菜の花には、食材としてお馴染みの野菜がいっぱい!

キャベツの花も菜の花になります

キャベツの花も菜の花になります

そもそも「菜の花」という植物は植物学的にはなく、アブラナ科の植物の総称でして、花びらが4枚で十文字に咲くことから十字花植物とも呼ばれています。また、菜の花の“菜”には「食用に出来る葉や茎」という意味もあるそうです。

●アブラナ科の植物
アブラ菜、コマツ菜、白菜、キャベツ、水菜(京菜)、カブ、カラシ菜、ブロッコリー、カリフラワー、葉牡丹、クレソン、大根 など

こうして見ると、日頃食材となっているものが多い。普段は花が咲く前に収穫されてしまいますが、種子を採るため、または放置されたまま成長を続けると、トウが立って花が咲きます。ですから、畑などで菜の花だ!と思って近づいてみると茎がちょっと赤っぽい。根元を見たら赤カブだった……としても、これも菜の花でいいわけです。
ブロッコリーの花も…菜の花!

ブロッコリーの花も…菜の花!


菜の花が黄色いとは限りません

大根の花は白。白い菜の花です!

大根の花は白。白い菜の花です!

白い菜の花を見かけたことはありませんか。菜の花は黄色い花ばかりではないのです。白い菜の花の代表は大根です! また、大根の種類によって少し色味が違い、赤筋大根のように薄紫の花をつけるものもあります。

しかし、菜の花の王道といえばアブラ菜! このアブラ菜は、出世魚みたいに呼び名が変わるのをご存知ですか?

 

まるで出世魚みたい!アブラナの呼び名は変わります

菜の花料理の食材になる時期はアオナと呼ばれます

菜の花料理の食材になる時期はアオナと呼ばれます

通常、私達が菜の花としているのはアブラナという植物ですが、アブラナはその成長過程で呼び名が変わります。
  • 若い茎葉が食用になるときは アオナと呼ばれます
  • 美しい花をつけているときは ナノハナ と呼ばれます
  • 種子ができたときは アブラナ と呼ばれます

 

人も車も動かすアブラナを増やそう!

ご存知の通り、アブラナの種から搾り出した油が「菜種油」でして、かつては灯りをともす油としても使われていましたが、現在は食用油や開花前のアオナをお浸しにするなど、食用としての栽培が主流です。

さらに最近は、菜の花畑を作り、食用油を採って利用した後、その廃油を回収・精製して軽油代替燃料(別称:バイオディーゼル燃料)にする「菜の花プロジェクト」 としても注目されています。

菜の花プロジェクトネットワーク
……琵琶湖の水質悪化を防ぐために試行錯誤し、たどりついた資源循環サイクルが「菜の花プロジェクト」。滋賀県発の活動が全国に広がっています!
菜の花畑

一面に広がる菜の花畑。綺麗なだけではなく、実用的です

繁殖力が強いため、空き地で野生化して一面が黄色い絨毯のようになっているところもありますが、最近、菜の花が増えたような気がするのも、そうした取り組みの成果かもしれません。

 

花屋の店先にならんでいる菜の花は何ですか?

ちなみに、花屋さんで売っている菜の花は、アブラナではありません。ほとんどのものが、チリメンハクサイに改良を加えて花の密度を濃くした切り花用の品種だそうです。

春を呼ぶ菜の花は、食べて良し、眺めて良し、さらに環境にもやさしい植物です。いつもと違う菜の花を見かけたら、この記事をお役立てください。

【ちょっぴり雑学】菜種梅雨
春雨前線が停滞する、3月半ば~4月前半にかけてのぐずついた天気のこと。この時期はアブラナが開花している事から名付けられました。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。