ウド1本で主食・主菜・副菜が作れます!

 
うど料理といえば天ぷらや酢味噌和えが定番ですが、ほかにも手軽なメニューがたくさんあります。

ウド料理といえば天ぷらや酢味噌和えが定番ですが、ほかにも手軽なメニューがたくさんあります

ほろ苦くて、爽やかで、しゃきしゃきしていて……ウドはまさに春の味ですね。調理が難しそうにみえますが、実は簡単です。スーパーなどで売っているウドは30~40cm程度。茎だけではなく、穂先や皮も美味しく食べられます。小人数だと1本買うのも迷いますが、1本で主食、主菜、副菜が作れますから、ぜひどうぞ~。

 

皮まで食べよう!うどのレシピ

うど

ウド/ウコギ科タラノキ属の多年草。3mにも成長しますが、食べられるのは若芽や茎の部分だけ。春に発芽するものが春ウド(山ウド)、冬に発芽するものが寒ウド。無風でも動いているように見えるので「独活」と書く


【 穂先 】  
ウドの天ぷらが定番ですが、炊き込みごはんにしたり、すまし汁や味噌汁の具にしたりしても美味しい。
【 茎 】 
生で和え物やサラダにするほか、煮物、炒め物にしてもおいしくいただけます。
【 皮 】 
厚めにむいてきんぴらに!
■豆知識:慣用句「うどの大木」
ウドは木ではなく草ですが、3mもの大木のように育っても軟らかくて役に立たないことから、身体ばかりは大きいが役に立たない人のことを「うどの大木」といいます。

 

うどの炊き込みごはん

うどの穂先を使った炊き込みごはんの作り方です。
すがすがしいうどの香りと、色鮮やかな菜の花が食欲をそそります。土鍋で炊いておこげも楽しんで♪

■材料 
  • うどの穂先:うどの上から1/3、酢:大1
  • 菜の花:1/2束 ※あと半分は「うどと菜の花の豚しゃぶ仕立て~味噌マヨ和え」に
  • 米:3合、だし:600ml
  • 調味料(しょう油:大1、酒:大2、塩:小1)

■作り方
  1. 通常と同じように米をとぎ、水につけておく。
  2. うどの穂先の葉や若芽はそのまま、茎の部分は皮をむいて拍子切りにし、酢を入れた水につけてアクを抜く。※うどの下ごしらえは1本分まとめてやり、各部ごとにアクを抜いて、レシピごとに料理すると楽です
  3. 菜の花をゆで、適当な大きさに切っておく。
  4. 米にだしと調味料を入れ、うどを加えて炊く。
  5. 炊きあがったら、菜の花を混ぜてできあがり。

炊いている間に、うどのおかずも作ってしまいましょう!

 

うどと菜の花の豚しゃぶ仕立て・味噌マヨ和え

うどに火を通さずしゃりしゃりした食感を楽しめるメニューです。お子様も大好きな豚しゃぶ仕立てでいただきしょう。
うどと菜の花の豚しゃぶ仕立て

にんじんを花型にすると華やかに。事前に作っておけるので、春のおもてなしにも便利


■材料
  • うど:1本分の茎、酢:大1
  • 菜の花:1/2束 ※あと半分はうどの炊き込みごはんに
  • にんじん:2cm程度
  • 豚肉:300g
  • 調味料(酢:大1、味噌:大2、マヨネーズ:大3、砂糖:小:1)

■作り方
  1. うどの皮をむき、拍子切りにして、酢を入れた水につけてアクを抜く。※うどの下ごしらえは1本分まとめてやり、各部ごとにアクを抜いて、レシピごとに料理すると楽!皮のきんぴらを作る場合、皮は厚めにむきましょう
  2. 菜の花とにんじんを茹で、適当な大きさに切っておく。
  3. 豚肉をしゃぶしゃぶにする。
  4. 豚肉、うど、菜の花、にんじん、調味料を和えて出来上がり!
※お好みでゆで玉子を加えるとコクが出ます。
※酢と味噌のかわりに、しゃぶしゃぶ用のごまだれを使う方法もあります。

 

うどの酢味噌和え

うどの定番料理。酢味噌で和えるだけなので、簡単に1品増やせます!

■材料
  • うどの茎
  • 調味料(酢:大1、味噌:大2、砂糖:大1と1/2)

■作り方
  1. うどの皮をむいて拍子切りにし、酢水につけてアクを抜き、水気をきる。※豚しゃぶ仕立(↑)で準備したものから必要な分だけ取ればいい
  2. 調味料を混ぜて酢味噌をつくり、うどに和える。
 
 

ウドの皮のきんぴら

ウドの皮を捨てるなんてもったいない!ほろ苦さがクセになる、きんぴらにしてしまいましょう。
 
うどのきんぴら

酒の肴にもびったり。ご飯もすすむ春の味です


■材料
  • ウドの皮:1本分、酢:大1
  • にんじん:1/4本
  • 調味料(みりん:大1、しょう油:大3、砂糖:大1、唐辛子:1/2本)
  • ごま油:大2、ごま:適宜

■作り方
  1. ウドの皮を厚めにむき、細切りにして、酢を入れた水につけてアクを抜く。※ウドの下ごしらえは1本分まとめてやり、各部ごとにアクを抜いて、レシピごとに料理すると楽です
  2. 唐辛子の種をとる。輪切りにすると辛みがでやすいので、輪切りにするかそのまま使うかはお好みでどうぞ。
  3. 熱したフライパンにごま油をひき、唐辛子、にんじん、ウドの順に炒め、調味料で味付ける。
  4. 盛り付けにごまを散らす。


ウド1本で穂先、茎、皮それぞれのメニューが楽しめるので、ぜひ春の味をご堪能ください。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。