菜の花の辛し和え

香りと苦味を味わう菜の花の辛し和え

菜の花は、春を感じさせる食材。1~3月頃に出回るため、春の桃の節句のお祝いの料理としても、よく食卓に上る食材です。栄養価も非常に高く、野菜にしては珍しく多くたんぱく質を含み、ビタミンやミネラルも豊富。この時期に食べない手はありません。

菜の花のほのかな苦味は、まさに春の香り。ぴりっとした辛子醤油で和えていただくと、比較的その苦味が気になりません。

材料(二人分)

・ 菜の花 1束
・ だし汁大さじ2
・ しょう油大さじ1
・ 練り辛子適量

作り方

1. 塩(分量外)を加えた熱湯で、菜の花を茎の方から入れて、さっと茹でます。

2. 冷水にさらして、色止めをします。冷めたら、3~4センチ幅に切ります。

3. 調味料を全部混ぜ合わせ、菜の花を和えたらできあがり。




昔はちっとも美味しくないと思っていた菜の花。でも、今はこのほの苦さがたまらないと感じるようになったのは、すっかり大人になったからでしょうか。この時期しか食べられない旬の味。その他の味わい方は関連サイトに紹介しています。

また、ガイド記事「桃の節句・ひな祭りの料理を作ってみよう」では、ひな祭りの由来やその他の料理をお届けしています。

今後の記事の更新情報については、メールマガジンでもお伝えします。ご購読を希望される方はこちらからご登録ください。

== 関連サイト ==
All About[和食づくりのコツ・レシピ]菜の花のオイル和え
香りのいいオリーブ油、ぽん酢がベストマッチ。かにの旨みを効かせたサラダ感覚の一品です。
All About[スタイリッシュレシピ]あさりと菜の花のスープ
あさり、菜の花、生のりの組み合わせで、やさしい味に仕上げます。葛でほんのりとつけるとろみがオシャレな和風デリのよう。
All About[ホームメイドクッキング]旅箪笥風お花見弁当
梅や桜のお花見に持って出かけたいカラフルなお弁当。お花畑寿司は緑鮮やかな菜の花がたっぷりです。
All About[食と健康]生活習慣病が気になったら菜花
菜の花はとても栄養価が高く、良質のタンパク質やビタミン、ミネラル類が豊富。健康が気になる人にもおすすめです。





『一人暮らしの楽しみ方』のガイド記事で取り上げてほしいテーマを募集しています! 疑問・質問、興味関心のあることなど、どしどしこちらにお寄せください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。