剣山の使い方とは?

剣山の使い方とは?

剣山ってご存知ですか?
剣山とは、円形または四角形をした金属製の台に、針状の突起が林立しているもので、その針状の突起に、花を挿して留めるものです。
   

剣山の使い方を解説! 花材が少なくても綺麗に仕上がります

剣山の使い方を解説

 剣山の使い方を解説


華道で使う花留めが「剣山」で、フラワーアレンジメントで使うのが「吸水性フォーム」というイメージがあって、剣山を使うのは、難しそうなイメージがありますが、使ってみると結構便利で、吸水性フォームにない利点もあります。
例えば、
  • 吸水性フォームは完全に隠さないと格好悪いが、剣山は、多少見えていても問題ない。
  • 吸水性フォームを使ったアレンジメントは、ぎっちりと空間を埋めていくイメージになるが、剣山を使ったアレンジメントは、すっきりと空間を活かしたイメージに仕上がる。
  • 剣山を使うと、花材が少なくても、サマになるし、1輪だけ挿したいときなんかにも使える。
などです。
 

生け花やフラワーアレンジメントに使う剣山の種類

剣山の種類
 
剣山にはいくつかの種類があり、昔からある金属製のものと、プラスチック製で底に吸盤のついたタイプがあります。金属製のものは、底板が重く出来ていて、この重さで、丈の長い花を支えます。
形は、丸のほかに、長方形・三日月型などがありますが、最初に一つ買うなら、どんな花器にも使いやすい丸型をオススメします。
 

剣山の使い方1:剣山を置く手順とは

剣山の裏側
 
金属製の剣山を使うときは、器に直接置くと、器の中で滑ったり、器を傷つけたりすることもあります。写真の左側のもののように、ゴム製のガードがついているものは問題ないですが、
 
ウレタンを切って敷く
 
ついていない場合は、薄いウレタンなどを、底面の大きさに切って、剣山の下に敷いて使います。ウレタンがない場合は、紙などでもOKです。
 

剣山の使い方2:剣山に花を挿す

通常、フラワーアレンジメントでは、茎は斜めにカットすることが基本ですが、剣山に挿す場合は、水平にカットします。そして、上から下へ、しっかりと挿して花を立てます。
 
剣山に挿す
 
斜めに活けたい場合は、まず、垂直にしっかりと挿してから、傾けたい方向へ倒します。はじめから斜めに挿そうとしても、上手くいかないのが剣山の特徴でもあります。
 
剣山を使ったアレンジメント
 
そんな特徴を活かしながら作ったアレンジメントがこちら。すっきりと空間を活かして、モダン和風に仕立てました。
 
【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。