家庭菜園/家庭菜園の始め方

留守中の家庭菜園の水やり方法とは?

家庭菜園を始めると誰もが直面するのが、長期旅行中・留守中の水やり問題です。ベランダなどでプランターを使って野菜を育てている場合の、適切な水やり方法と、普段から気をつけておくことをまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

小島 理恵

執筆者:小島 理恵

家庭菜園ガイド

留守中の家庭菜園の水やり方法

留守中の家庭菜園の水やり方法

留守中の家庭菜園の水やり方法

家庭菜園をはじめると誰もが直面するのが、長期旅行中の水やり問題です。通常、地植えにしている植物は、それほど水やりの心配はありません。しかし、ベランダなどでプランターを使って野菜を育てる方が増えてきている昨今、留守中の水やりは、切実な問題となりつつあります。

また、留守中の水やり問題の解決法は、忙しくて普段あまり水やりをすることができない方にとっても、共通の解決法となります。また、これからベランダや屋上で菜園をはじめようとする方にとっては、あらかじめ知っておくと、とても役立つ情報となることでしょう。
 
<目次>
 

ペットボトルなどを使った簡易な方法は注意点も

鉢植えの植物に水をためておく方法として、鉢の下に受け皿を置いて、そこに水を溜めておくことを思い浮かべる方も多いかもしれません。しかし、この方法は、あまりおすすめではありません。気温の高い季節であれば、受け皿の水そのものも、すぐに蒸発していってしまいますし、溜まっている水に、雑菌が発生してしまう恐れもあるからです。

最近は、ペットボトルを利用した方法も見かけるようになってきました。これは、ペットボトルの先端に専用の器具をつけ、水を満たしたペットボトルを、逆さに土にさしておくという方法です。この方法は、1~2日間の短期間であれば有効ですが、真夏の日中はペットボトル内の水の温度が上がってしまい、お湯が根元に注ぎ込まれるような状態となってしまい、かえって根を傷めてしまう可能性もあるということを頭に入れておく必要があります。
 

タイマー式の自動灌水が最も確実

チューブの先端についているセラミックから、じわっと水がしみ出る仕組みの自動灌水装置。

チューブの先端についているセラミックから、じわっと水がしみ出る仕組みの自動灌水装置。

最も確実な方法は、タイマー式の自動灌水装置を設置することです。これは、水道の蛇口にタイマー付きのポンプを設置し、そこに接続されたチューブを、プランターや植栽部分に適度な間隔で這わせておく方法です。灌水開始時刻や灌水時間等を、タイマーにセットしておくことによって、確実に水やりをすることが可能です。ただし、これは、屋外に蛇口が設置されていないと、使用することができません。また、タイマーやチューブ、その他の資材を合わせると数万円以上となり、かなりコストがかかるということも覚悟しなければなりません。
 

屋外に蛇口がなければ底面潅水式の鉢を活用

有限会社松尾貿易商会のHPより引用

底面潅水システム
画像:松尾貿易商会

また、底面灌水式の鉢にあらかじめ植栽しておくという方法もあります。これは、鉢の底に、水を貯めておくことのできるタンクが内蔵されていて、そこから毛細管現象を利用して土へ水分を補給するという仕組みで、屋外に蛇口がなくても大丈夫です。これを使用すれば、1週間に1回程度の水やりでOKなので、日頃から忙しい方にもおすすめです。最近は、軽量でデザイン的にも優れたものが手軽に購入できるようになりました。
 

日頃から「イジメ気味」に育てておくことがポイント

野菜に限らず、植物は日頃から「イジメ気味」に育てておくと、水が切れてしまっても少しの間なら持ちこたえてくれる丈夫な植物体に育てることができます。またこのように育った植物は、病害虫にも強く、農薬などの使用を軽減することにもつながります。

「イジメ気味」に育てるとは、水やりをして数時間~数日経ち、土が完全に乾いたら、次の水をあげるようにすることです。植物は主に根の先端部分で水分を吸収しています。そのため、先端付近の土が乾燥してくると、根は水を求めてもっと遠くへ伸びていこうとします。逆に根の周囲が常に湿った状態だと、現状に満足して根はそれ以上伸びていこうとしません。植物にとって根は、水分や栄養分を吸収すると同時に、地上部の植物体を支えるという重要な役割を担っています。しっかりと広範囲に根が張ることで多少の水切れにも動じなくなり、枝を大きく張らせ、葉をたくさんつけることもできるのです。

土が乾燥しているかどうかは、土の中に人差し指を第一関節くらいまで入れて確かめてみてください。さらっとしていて、指に何もついてこなければ、完全に乾燥している状態です。慣れるまで、不安もあるかもしれませんが、ぜひチャレンジしてみてください。

【関連記事】
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気の家庭菜園グッズを見るAmazon で人気の家庭菜園グッズを見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます