クリスマスツリーを彩るオーナメント。毎年フレッシュな気持ちでツリーを楽しみたい、という場合はオーナメントを入れ替えていくことになるのですが、年に一度しか使わないくせに場所を取るオーナメント類は増やしたくない、と思う人は多いかもしれません。

用が済んだら潔く処分できて、なおかつ見栄えがいいものが欲しい。そんな時に有効なのは、紙モノです。おススメの紙アイテムを2つご紹介しましょう。

IKEAのギフトタグでグレードアップ

300円でクリスマスツリーをドレスアップ

イケアのHISTORISKギフトタグは、8センチ×4センチの紙のタグ10枚と、タグにつけられる黒いヒモ10本がセットになっているので、パッケージを開けてすぐに使えます


まずオススメしたいのは、IKEAのギフトタグ。名前の通り、本来はプレゼントにつけるためのタグですが、適度な厚みがあり、クリスマスツリーをドレスアップするのにも使えます。10枚入りで149円(税込み)というお手頃価格なので、300円の予算ならデザイン違いで2パック購入できます。
300円でクリスマスツリーをドレスアップ

数字が書かれただけのタグですが、フォントがきれいなのでクリスマスオーナメントに使っても違和感はありません。右:高さ85センチ程度のツリーにギフトタグをつけた様子。吊るしすぎると七夕チックになるのでご注意を


タグを使い終わったら、リサイクルも可能です。10枚それぞれが異なるデザインを選べば、収納ボックスにくくりつけて持ち物を分類するのに使ったり、あるいはホームパーティーの際にワイングラスのステムに結んで、グラスを間違えないようにしたりできます。

IKEA/イケア ギフトタグ

オリガミオリガミでグレードアップ

ほんの少しだけ手を加えてもいいかなって思うなら、オススメは断然“折り紙”です。文具メーカーのミドリが作る“オリガミオリガミ”は、今までの折り紙にはなかったカラフルでキュートなデザインが施してあり、種類も豊富。テトラ折りと呼ばれる折り方で立体を作り、オーナメントとして吊り下げます。
300円でクリスマスツリーをドレスアップ

オリガミオリガミは、ラッピングペーパーを折り紙の大きさの15センチ角にカットしたような、美しい折り紙。ひとつのパッケージに2種類のデザインが入っているので、単調になりすぎません。右の写真はテトラ折りしたオリガミオリガミ。マスキングテープで真ん中を閉じています。ラフに作ってもアラが目立ちません


オリガミオリガミは文具店で購入可能です。テトラ折りは、折り紙を横半分に切って、短辺同士をテープで貼って筒状にし、筒の上下を別方向に閉じることで作れます(オリガミオリガミの中に、分かりやすい作り方の案内が入っているのでご安心を)。
300円でクリスマスツリーをドレスアップ

テトラ折りしたオリガミオリガミをクリスマスツリーにセット。中に軽めのお菓子を入れると楽しいです。なお、オーナメントを吊り下げる糸は目立たない黒がおススメです


オリガミオリガミは10~20枚入りで324円(税込み)と、惜しげなく使えるのもいいところ。テトラ折りしたオーナメントの中にあらかじめお菓子を入れておけば、クリスマスの当日や片付けのときに子供たちが楽しめる仕掛けを作ることもできますよ。ぜひお試しください。

オリガミオリガミ 公式サイト





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。