アイケアサプリは3種類

成分の話をする前に、まずは目の仕組みを確認しておきましょう。

目の構造

私たちの目の中では、外から入ってきた光(画像)は、角膜を通り、水晶体というレンズを通して、目の奥の網膜に映し出されます。この時、見ているものの距離や光の強さによって、水晶体のレンズの厚さや瞳孔の穴の大きさ(絞り)を調整して、網膜にピントが合った映像が写し出せれるように調整しているのです。ちょっと、フィルムカメラの構造に似ていますね。

次に、網膜に届いた光の刺激は神経の信号に変換され、目の奥につながっている視神経を通して脳に送られます。脳に届いた信号が、脳の中で映像として再現されて、私たちは映像を見ることができているのです。

最近市販されているアイケアサプリは、これらの目の機能の中でも3つの部分に作用するものが多いようです。
気になるそのポイントとは、
・映像を神経の信号に変換する能力をサポート
・レンズの厚さを調整する能力をサポート
・レンズの劣化を予防するサポート
なのです。

次のページからは、タイプ別に成分と働きを解説します。