安全が最優先!でも、赤ちゃんのためにサプリは必要?

妊婦

赤ちゃんの安全が最優先!

妊活中に大切なサプリメントといえば、葉酸サプリ(先天障害の予防)が知られていますね。でも、妊娠してからのサプリメント利用については、まだ意見の分かれるところでしょう。

妊娠中に一番大切なのは「赤ちゃんの安全」。ですから、危険なものは摂るべきではありません。でも、「赤ちゃんの健康のために補う」という考え方もあり……、結局のところどうしたら良いのか悩ましいところです。

実際、私も妊娠した際に「どんなサプリメントと、どうつきあうべきか」で迷い、情報を集めました。
今回は、赤ちゃんの安全を確保しつつ、赤ちゃんとお母さんの健康をサポートしてくれる「使ってよいサプリ」と、赤ちゃんに悪い影響があるかもしれない「使わないほうが良いサプリ」を紹介します。


上手に使いたい!妊娠中でも使ってよいサプリ

食事

バランスの良い食事+αとして利用しましょう

妊娠中に上手に使いたいサプリメントとしては、「妊娠中の不調をサポートしてくれる成分」と「赤ちゃんの成長でたくさん必要になる成分」があります。

 

【妊娠中もOK】不調をサポートしてくれる成分

妊娠中の最初の試練といえば「つわり」。辛いつわりを和らげてくれる成分として医療の現場でも使われているのがビタミンB6です。食事や水分補給で改善しない重いつわりの緩和には、耐容上限量(45mg/日)を超える75mg/日が処方されています。

さらに、つわりなどによる栄養不足で赤ちゃんの脳に障害がおこるのを予防するビタミンB1。妊娠初期の先天障害予防効果はもちろん、妊娠中を通して大切な葉酸。というように、ビタミンB群の栄養素は、妊娠中に起こるトラブルの緩和や、母体と赤ちゃんの健康を守る効果が期待できます。

成分毎のサプリメントもありますが、ビタミンB群は助け合って働く性質もあるので、ビタミンB群のミックスサプリメントがおすすめです。

そして、妊娠中期から後期によく起こるトラブルといえば便秘。妊娠中は、ホルモンの影響で大腸の動きが抑えられるのと、子宮に圧迫されることで動きにくくなるという理由があります。とはいえ、妊娠中はハーブ系の便秘薬などの使用は避けたいところです。

そんな時に助けてくれるのが、腸内環境改善成分乳酸菌・食物繊維・オリゴ糖などです。これらの成分は体に吸収されずに(腸管内を通過しながら)働くものなので、赤ちゃんに影響する心配はありません。むしろ、腸内環境が整うことで、お母さんの免疫力が上がり、妊娠中の感染症予防などの効果が期待できます。

【妊娠中もOK】妊婦は必要量が増える成分

赤ちゃんの体が大きくなる妊娠中期から後期にかけて、たくさん必要になる栄養素が鉄とカルシウムです。鉄は肝臓、カルシウムは骨に貯金されています。貯金がたっぷりある人もいるので、すべてのお母さんに貧血や骨粗しょう症が起こるわけではありません。でも、赤ちゃんの体を作り上げるのに必要な鉄とカルシウムの量は、普段通りの食事では明らかに不足状態。ですから、貧血や骨密度の低下がみられなくても、妊娠中に補給しておくことで、産後のお母さんの健康を守ることができます。

そして、最近、日本人全体で不足が心配されているのがビタミンDです。
ビタミンDは、食事から摂る以外に、紫外線を浴びることで皮膚でも合成されます。でも、室内で仕事をしていたり、日焼け止めを塗っていたらほとんど合成することはできません。さらに、妊娠するとシミができやすくなるので、美容のために紫外線を避けてしまいがち。つまり、妊婦さんはかなりビタミンD不足を起こしやすい生活を送っているのです。こうしたことから、母乳で育った子供の中にビタミンD不足で起こる「くる病」を発症する子が出てきています。

ビタミンDは、カルシウムを骨に定着させるのに欠かせない栄養素です。また、ビタミンDが不足すると、免疫力がダウン。この他、様々なホルモンとして働いていることもわかってきています。妊娠中に風邪やインフルエンザにかからないためにも、体内のビタミンD濃度を高めておくことが大切です。
ビタミンD濃度を高めるためには、日焼け止めを塗らずに日光浴(手とか足でもOK)、いりこなどの小魚を丸ごと食べるといった方法があります。また、サプリメントを利用する場合、「脂溶性ビタミンのサプリメントは赤ちゃんに危険」という古い情報を信じている人も多いようです。ビタミンDに関しては、不足の方が深刻になってきているので、耐容上限量である100μg/日(4,000IU)を超えない範囲であれば、赤ちゃんに悪い影響を与える心配ありません。

これらの成分は、普段の食事にも含まれています。なので、まずは食事のバランスを改善するよう気を付けましょう。そして、食事では得られないような効果を引き出したり、どうしても不足しがちな部分を補うという目的でサプリメントを利用するのがおすすめです。

続いて、「妊娠中でも適量ならOKなサプリ」と「妊娠中は使わない方が良いサプリ」を紹介します。