そのサプリ 本当に溶けてる?

サプリの溶解試験
本当に溶けて初めて吸収
同じように見えるサプリメント。普段何気なく買っているかもしれませんが、選ぶ基準は色々ありますね。成分に関しては、安全性・コストパフォーマンス・濃度 などなど。では、その成分がしっかり働くための条件は知っていますか?
サプリメントがきちんと吸収されるために重要になってくるのが「溶解度」。つまり、胃や腸の中でちゃんと溶けるかどうかです。どんなに素晴らしい成分が入っていたとしても、溶けなければ吸収されない。吸収されなければ効果ナシということです。

サプリメントが溶けるかどうかを確かめる方法が「溶解度テスト」。薬は、効果をテストする時に必ず溶解度テストをしているます。でもサプリメントは特に規定がないので、一般に市販されているサプリメントの中には溶解テストをクリアできない製品もあったりするのです。
サプリメントの品質を溶解度や成分分析で評価する会員制のサプリメント評価サイトコンシューマラボでは、自社の溶解テストの簡易版をCL式サプリメント溶解テスト法として紹介しています。

CL式サプリメント溶解テスト法の手順
ガイド流超簡単溶解テスト


ご家庭で簡単にできる
CL式サプリメント溶解テスト法

このテストは実際のコンシューマラボで行われる品質テストと比べるとかなり簡略化したものですが、家庭でできるテストとしては精度の高いものと言えます。


1)
二分の一カップのお酢を耐熱カップに入れ、コーヒーメーカーなどに付いている(コーヒーポットをおく部分)保温プレートの上で体温(摂氏約36度)まで温めてください。温度をチェックする際には、温度計をカップの底に放置して、誤読することのないよう(保温プレートの作用で、カップ底部分の温度の方が高温です)にしましょう。

2)
調べたい錠剤をカップの中に入れ、継続的に30分から45分かきまぜてください。この時、錠剤をさわらないようにかき混ぜ、さらに体温と同じ温度をキープしてください。必要な時は保温プレートからはずしたりして温度を常時同じに保ってください。

3)
被包材を不使用の錠剤や、微量の被包材のみを使用した錠剤は約30分以内に分解さるはずです。ゼラチンや被包材を多く使用した製品は丸まる45分かかることもあります。

注意:
「タイムリリース(長時間にわたり少量ずつ放出される、という意味)」と記載された製品では同テストができない場合があります。また、チュアブル製品は口の中でなめながら分解されていくよう製造されていますし、「腸内分解」と記載された製品も胃袋ではなく、腸内まで分解されないように製造加工されていることをお忘れなく。

次のページでは
ガイド流超簡易テストを紹介!