妊娠・授乳期の薬の使い方を理解しよう

妊娠中、授乳中は、生活習慣、食の安全、薬の使い方など、気になることがいっぱいです。ここでは、薬の使い方、特に一般用医薬品・医薬部外品の使い方(セルフ・メディケーション)について説明します。
 

一般用医薬品、医薬部外品、処方せん医薬品の違いとは?

薬

使い方を理解し、使用方法を守れば妊娠中、授乳期でも使える薬がある

現在、市販されている一般用医薬品や医薬部外品は、2009年6月の法律改正で、使い方がわかりやすくなりました。薬剤師や登録販売者のアドバイスを元に、薬の使い方を理解し、使用方法を守れば、妊娠・授乳期でも、軽い症状や健康管理などに利用できるものがたくさんあります。

一方、医師の処方が必要な薬を処方せん医薬品といいます。これは一般用医薬品に比べリスクが高く、指示された薬の名前、量、使う期間の記録を残すことで、もし、薬に問題があった場合に、全国で、誰がその薬を使っているかすぐに判るようになっています(トレーサビリティー)。医師が、病状、体質、年齢などを考慮して、その人のために処方する薬ですから、残った処方せん薬を使い回ししてはいけません。

妊娠・授乳期の方に限らず、まず知っておきたいのは、一般用医薬品、医薬部外品の分類です。薬の安全性はこの分類に従って判断します。CMで有名な商品シリーズでも、内容成分が違うと分類が異なることがありますので注意が必要です。現在、市販されている医薬品は外箱などに必ず、医薬品分類、製品の問い合わせ先、副作用被害救済制度の問い合わせ先が表示されています。

>> 一般用医薬品・医薬部外品の分類は?