妊娠中の肩こり・腰痛に

首こり、肩こり

妊娠中の肩こり、首こりにシップ薬は?

妊娠中に多い肩こりや腰痛などのトラブル。湿布やテープ、ゲル、ローションなどの市販の外用消炎鎮痛剤を使いたくても、使用上の注意に「妊婦又は妊娠していると思われる人は使用しないこと」と、記載された製品があり、不安に思う妊婦さんがおられるようです。妊娠中の正しい使い方を解説します。

 

市販薬の外箱に記載されている医薬品分類を参考に

○第3類医薬品の外用消炎鎮痛剤は、妊娠中の使用もOK

■妊娠中も使える製品
サロンパスA、サロンパスローション、アンメルツヨコヨコ、
パテックスうすぴたシップ、腰痛パテックスなど

以上の製品の“使用上の注意”には、妊娠についての記載がありませんが、それは使って良いということです。アレルギー症状に気をつけながら、妊娠中も使用できます。妊娠前に使用経験のある製品をお勧めします。

△第2類医薬品の外用消炎鎮痛剤は、製品により“使用上の注意”が異なる。


■使用前に医師、薬剤師に相談の上、妊娠中でも使用可能な製品
サロンパスEX、バンテリンハップ、アンメルシンなど

■妊娠中は使用できない製品
フェイタスシップ、フェイタス3.5α、パテックスフェルビナスターなど

ただし、これらの製品を妊娠中に使ってしまった場合でも、慌てる必要はありません。心配な方は妊婦健診で相談しましょう。

×第1類医薬品の外用消炎鎮痛剤は、妊娠中に使用できません。

■妊娠中に使えない製品
フェイタスZ、ジクロテクト、ボルタレンACなど

これらの製品は、妊娠中は使いません。特に、妊娠後半期には使用禁止です。もし妊娠初期に、妊娠に気づかずに使ってしまった場合に、慌てる必要はありませんが、心配な方は妊婦検診で相談しましょう。

どうして妊娠中は使えない外用消炎鎮痛剤があるのでしょう?

それは、強力な消炎鎮痛剤を含有し、皮膚からの吸収を高め、シップ特有の臭いがない高性能な製品が開発されたからです。

消炎鎮痛剤の重要な働きの一つは、炎症が周囲に広がらないように、血管を収縮させ、炎症物質を閉じ込める事です。これは、江戸の町火消しが、火事の時に周囲の家を壊して、延焼の広がりを防いだ事に似ています。

胎児には、動脈管という命綱のように重要な血管があり、その血管が閉じると心臓が止まります。非常に稀な例ですが、強力な血管収縮作用がある消炎鎮痛剤のインドメタシン、ボルタレンなどを含有した外用消炎鎮痛剤で、不幸にも胎児の心臓が停止した症例が報告され、使用禁止になりました。

妊娠中は使えない製品でも、産後の授乳中には、全ての外用消炎鎮痛剤が使えます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。