妊娠・出産 ガイド 赤岩 明

あかいわ あきら

産科医。小阪産病院副院長。 産科医になって27年間、周産期医療の現場に従事してきた。臨床医の立場から、胎児心拍数モニタリング(分娩監視装置)、帝王切開術の管理、母乳哺育などの研究・発表を行っている。桶谷式修了者、SMC方式修了者、国際ラクテーション・コンサルタントの助産師らと共に、母乳育児を支援している。

ガイドからのお知らせ

  • 乳腺炎サイトがオープンしました!

活動実績

執筆ガイド記事本数41

ガイドからの挨拶

今、母乳育児を頑張っているお母さん、そして、これから出産されるお母さん、こんにちは。母乳育児では多くの方が、何らかのトラブル経験します。その代表が、お乳が痛い、熱っぽい、赤ちゃん嫌がって吸わない、など。

もしかして乳腺炎?と思っても、産科、助産院、乳腺外科、どこに相談するの? マッサージはする、しない? とか、いろいろな意見があって、お母さん方は、どうしたらいいのか、迷ってしまうかもしれません。皆さんの乳腺炎に対する不安や悩みを少しでも解決してもらえるように、わかりやすく解説し、具体的な対処法を紹介します。

母乳育児は期間限定のステキな思い出。お乳が張って痛かった経験も、子どもが大きくなったら、いつか笑って話せるような。ちなみに、私自身は1歳過ぎまで母乳だけで育ち、2人の子供も母乳で育ちました。いずれも、私の母、私の妻が頑張ったんですけど……感謝しています!

ガイドの新着記事

All About NEWS 新着記事

公認ガイドブログ

  • 新型コロナ禍の妊娠・育児 頑張るお母さんたち

    コロナ禍の中、産後うつが増えている! という報道が続き、中には「産後の4人に1人が産後うつ」という記事までありますが、実態は違う印象があります。コロナ禍の中でも、ほとんどのお母さんは意外と元気で、逆...

    更新日:2021年03月01日
  • 妊娠中、授乳中の新型コロナワクチンは?

    ようやく日本でも、新型コロナワクチン接種が始まります。 国内では医療関係者への先行接種からですが、妊娠中、授乳中の人はどうしたらよいか、問い合わせが増えています。  (2021年2月10日時点の情報提供です...

    更新日:2021年02月10日