妊娠・出産 ガイド 赤岩 明

あかいわ あきら

産科医。小阪産病院副院長。 産科医になって27年間、周産期医療の現場に従事してきた。臨床医の立場から、胎児心拍数モニタリング(分娩監視装置)、帝王切開術の管理、母乳哺育などの研究・発表を行っている。桶谷式修了者、SMC方式修了者、国際ラクテーション・コンサルタントの助産師らと共に、母乳育児を支援している。

ガイドからのお知らせ

  • 乳腺炎サイトがオープンしました!

活動実績

執筆ガイド記事本数28

ガイドからの挨拶

今、母乳育児を頑張っているお母さん、そして、これから出産されるお母さん、こんにちは。母乳育児では多くの方が、何らかのトラブル経験します。その代表が、お乳が痛い、熱っぽい、赤ちゃん嫌がって吸わない、など。

もしかして乳腺炎?と思っても、産科、助産院、乳腺外科、どこに相談するの? マッサージはする、しない? とか、いろいろな意見があって、お母さん方は、どうしたらいいのか、迷ってしまうかもしれません。皆さんの乳腺炎に対する不安や悩みを少しでも解決してもらえるように、わかりやすく解説し、具体的な対処法を紹介します。

母乳育児は期間限定のステキな思い出。お乳が張って痛かった経験も、子どもが大きくなったら、いつか笑って話せるような。ちなみに、私自身は1歳過ぎまで母乳だけで育ち、2人の子供も母乳で育ちました。いずれも、私の母、私の妻が頑張ったんですけど……感謝しています!

ガイドの新着記事

  • つらい乳腺炎の原因・対処法・治し方

    つらい乳腺炎の原因・対処法・治し方

    乳房の皮膚が赤い、しこりが痛い、全身倦怠、38度以上の全身発熱、身体が震える等の症状が見られたら、本格的な乳腺炎です。医師の診察を受け、解熱鎮痛剤、抗生物質による治療が必要になります。授乳を続けながら、食事内容や休養に気をつけ、適切なマッサージであれば改善することもあります。

    掲載日:2015年07月01日乳腺炎
  • 乳腺炎の段階別症状…軽い詰まりから乳房膿瘍まで

    乳腺炎の段階別症状…軽い詰まりから乳房膿瘍まで

    乳腺炎とは乳腺の炎症ですから「乳房に発赤、腫脹(はれ)、発熱、疼痛(痛み)があって、授乳機能に支障をきたすこと」 が定義ですが、軽い乳管閉塞で乳腺が腫れて痛い状態(うつ乳)から、乳腺の細菌感染が周りの組織に広がり乳房膿瘍の状態になったものまで、いろいろな段階があります。

    掲載日:2015年07月01日乳腺炎

News Dig 新着投稿

  • 【双子の不思議】背が高い女性は双子を妊娠しやすい?

    女優の杏さんが双子の妊娠を発表されました。所属事務所のFAXによると、 「双子だということも分かり、この場合安定期と特に言える時期がございません。しばらくの間、静かに見守って頂ければ幸いです」 とのことです。 「妊娠はおめでた」とはいえ、双子の妊娠では、・・・

    2016年02月03日

  • 「胎教」を意識して実行したい3つのこと

    ■「胎教」を考える時に知っておきたいこと●胎児の発育視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感は、目、耳、鼻、舌、皮膚の各器官により身体外の情報を得る手段です。健常な成人には当たり前の機能ですが、実は、生命が長い歴史の中で獲得した貴重な能力です。 ヒト発生学には・・・

    2016年01月17日

公認ガイドブログ

  • 小股の切れ上がった、毛深い "いい女"

    大学や自治体主催のミスコンテストが中止になり、女性を審査するような言動には厳しい時代ですが、ヒト生態学的には、”いい女”に男が群がり、その群がった男の中から、女が男を選んで子孫を残すというのが、平和...

    更新日:2017年05月03日
  • アンダーヘアを処理する人は性病になりやすい

    BBC Newsで、アンダーヘアを定期的にトリミングや全除去している人は、性感染症の危険性が高くなると報道されました。 元になったのは次の研究論文です。 「Correlation between pubic hair grooming and STIs」...

    更新日:2017年04月10日