よく眠れたサインはいい目覚めにあり

画像の代替テキスト
ぐっすり眠れていい寝起きを迎えられる睡眠時間があなたにとってのベスト
適度な睡眠時間には個人差があります。私たちにとって6時間から8時間くらいが最適だと言われていますが、自分自身で目が覚めたときにスッキリとして疲れも取れているような状態が最適な睡眠時間なので、それを目安に自分に合った睡眠時間を見つけましょう。


アロマと炎のゆらぎ

画像の代替テキスト
アロマキャンドルの香りと炎の揺らぎを見つめながらリラックス(ただし火の始末には注意してください)
いい睡眠は成長ホルモンの分泌を促進して、肌代謝を活発にし、肌のアンチエイジングにつながることがわかりました。

しかし仕事やプライベートで不安やストレスが溜まったり、イライラしているとなかなか眠れなかったり、深い眠りにつけなかったりします。

ストレスや緊張感で眠れないときは、アロマキャンドルの炎の揺らぎを見つめながら、リラックスできる音楽を聞きましょう。また眠りにつく30分~1時間くらい前から 部屋の中をリラックスできるアロマの香りで満たすのもいいでしょう。

おススメのアロマオイルやアロマキャンドルはリラックス効果のある「ラベンダー」や「ローズウッド」「マジョラム」などです。


次のページでは、心地よい眠りにつけるドリンクをご紹介します。