では最後にこれから勉強して仕事に就きたい人へ、資格とスクール選びのポイントをまとめておきましょう。


■今回AAJの話が中心となりましたが、もちろん日本にはいくつかの民間の団体(営利含む)及び多くのスクールがあります。どこが一番とは言えません。自分に合ったスクールで勉強すればよいのです。それには、それぞれの団体に資格の内容を問い合わせて、自分に合っているかどうかを見極め、そして自分が欲しい、また活用できそうな資格を目指しましょう。セラピストにも色々な人がいます。実際に問い合せ、また説明会やセミナーなどに参加してみるのも有効な手段です。

■記事中に出てきた後半2つの資格は、AAJの会員で、しかも受験資格として持っているべき資格があります。ご注意ください。

■海外で勉強をするのもひとつの方法です。イギリス、オーストラリアなどではアロマテラピーを学ぶことができます。

■アロマテラピーは日本で必需になりつつあります。正確な知識をひとりひとりが持つことがこれからのアロマテラピーを育てていくのだと思います。そのために、しっかりと勉強をし、現場での経験を積んだセラピストになりたいものです。


それぞれの試験に関するお問い合わせはこちらまで。
日本アロマテラピー協会
日本アロマテラピー協会検定事務局9:00~17:00(土日祝休み)03-5205-0202

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。