●アロマテラピーの仕事って?●

私は生徒さんからアロマテラピーを仕事にするには、どうすればいいのか、という質問や相談を受けることがよくあります。アロマテラピー関連の仕事には、どんなものがあるのでしょう。またどうすればその仕事に就くことが出来るのでしょう。今回この記事では、目指すアロマテラピーの仕事とその目安となる資格をスクール選びも兼ねて考えていきたいと思います。


アロマテラピーの仕事としては大きく分けて、ショップで働く仕事、講師の仕事、そしてアロマトリートメントをおこなう仕事の3つが挙げられると思います。エッセンシャルオイルという特殊なものを扱うという意味で。仕事に就く際には仕事に見合った”知識”が必要になります。そこで、資格というのがわかりやすい目安となるのではないでしょうか?アロマテラピー資格にはどのようなものがあるのでしょう?


●アロマの仕事をする際に目安となる資格とは?●

今回アロマテラピー資格について改めて協会や団体と名の付くところを調べてみました。しかし、非営利団体であっても認定資格を出していない(試験を実施しない)団体や、医療関係の団体であっても認定試験は現在行われていないなどが現状でした。というわけで、今回資格の話を進めるにあたり、早くから日本で非営利団体として活動されている日本アロマテラピー協会(以下AAJ)の資格を例にお話を進めたいと思います。私はAAJの会員ですが、協会の人間ではありませんので、AAJのみを勧めているわけではありません。非営利ということで取り挙げさせて頂いたことをご了承ください。アロマテラピーの仕事をするには、必ずAAJの資格が必要であるというわけではありませんので、お間違えなく・・・

>>>次のページに続きます>>>