お手軽なのに絶品おかずの「もやし炒め」! 簡単で美味しいレシピ4選

もやし炒めは安くて簡単で美味しい、おまけにヘルシーな万能おかず! もやし炒めを極めれば、毎日の献立が豊かになること間違いなしです。また、味付けや調理工程を少しアレンジするだけで、いろんなジャンルの料理に化けてくれるのも、もやしの魅力。今回は、誰でも簡単に挑戦できる、もやし炒めの絶品レシピを4つご紹介します。
 

シャキシャキで美味しい! 基本のもやし炒め

本格中華料理店顔負け!絶品もやし炒め

シャキシャキで美味しい! 基本のもやし炒め(出典:毎日のお助けレシピ ほんとに美味しいコツはこれ!もやし炒めの作り方

中華料理店顔負けのシャキシャキ食感を作るコツは、今は亡き中華の名料理人周富徳さんが奨励した調理テクニック「炒めゆで」。火加減に注意しながらササっと作れば、いつものもやし炒めがさらに美味しくなるはずです。ほんの数分でできるレシピなので、忙しい時の時短レシピとしても使えますよ!

【作り方】2人分
  1. もやし250gは洗って水を切る。ニラ1/2は5cmに切り、ニンジンは千切りにする。生姜とニンニクはみじん切りにする
  2. 中華なべに油を熱し、野菜類を入れて炒め、油が回ったところで塩を振り入れ、熱湯を入れて大きく混ぜ、ひと煮立ちさせる
  3. ザルに上げて水気を切る
  4. ニンニクと生姜を炒め、野菜を加えて炒める
  5. 酒小さじ1、醤油小さじ1/2、ごま油小さじ1/2、塩胡椒を入れて炒め、水溶き片栗粉を回し入れて、野菜に汁気(味)をまとわせる
  6. 器に盛って完成
 

タイ料理風! もやしのナンプラー炒め

タイ料理風!もやしのナンプラー炒め

タイ料理風! もやしのナンプラー炒め(出典:もやしのナンプラー炒めの作り方!究極のシンプル料理レシピ

もやしのナンプラー炒めは究極にシンプルなタイ料理。材料は、もやし・ナンプラー・ニンニクの3つだけ! あれこれ調味料を揃えなくても、これだけで簡単にでき上がります。お好みで、オイスターソースを隠し味に入れても美味しく仕上がりますよ!

【作り方】2人分
  1. もやし1袋はさっと水で洗う。にんにく1片はつぶして粗みじん切りにする。
  2. フライパンに油とニンニクを入れて火をつけ、香りが出るまで熱する。
  3. もやしを炒め、ナンプラー大さじ1で味付けする
 

時短&ヘルシー! もやしの桜えびソテー

時短&ヘルシー!もやしの桜えびソテー

時短&ヘルシー! もやしの桜えびソテー(出典:5分でヘルシーメニュー もやしの桜えびソテー

たったの5分でできる、シンプルなもやし炒め。桜えびの香ばしい風味が癖になる、おつまみ&お手軽おかずです。少量で作り、出来立てを味わうのがこの料理の鉄則! このままでももちろん美味しいですが、付け合わせや麺類の具としてもおすすめです。

【作り方】2人分
  1. フライパンに油を入れて熱し、もやし1/2袋を加え、手早く炒める
  2. 桜えび大さじ2を加え、軽く炒めたら、火を止め、塩、こしょうで味を調えて完成
 

ご飯がすすむ、もやしのねぎ味噌炒め

ご飯がすすむ、もやしのねぎ味噌炒め

ご飯がすすむ、もやしのねぎ味噌炒め(出典:もやしのねぎ味噌炒め

淡泊なもやしも、たっぷりの豚肉や味噌ダレで濃い味に仕上げれば、あっという間に立派な主菜になります。野菜もたっぷり入れているので食べ応えがあり、白いご飯によくあう味つけです。簡単で安上がり、調理時間は10分程度とお手軽。食べ盛りのお子さんにもおすすめです!

【作り方】2人分
  1. 味噌大さじ1、醤油大さじ1と1/2、みりん小さじ1、酒小さじ1、砂糖大さじ1/2、ごま油小さじ1/2、片栗粉大さじ1/2を混ぜ合わせておく
  2. 人参、玉ねぎ、椎茸、ニンニク、長ネギ、赤唐辛子、豚肉をそれぞれ千切り、みじん切りなどに薄く切る。もやしはさっと洗って水気をきっておく
  3. 中華鍋(またはフライパン)を火にかけ、サラダ油、赤唐辛子、刻みネギ、ニンニクを入れて弱火で炒める
  4. 豚肉を入れ、強火で炒めて火を通す
  5. 次に人参、椎茸、玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒める
  6. もやしを入れて1分ほど炒める
  7. 【1】で作ったねぎ味噌ダレを回し入れ、炒め合わせる
  8. お皿に盛って完成


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。