もやしと豆苗の塩レモン鍋。シンプル素材の時短レシピ

所要時間:15分

カテゴリー:汁物・スープ・鍋

 

シンプル素材で時短! もやしと豆苗をたっぷりいただきます

材料はシャキシャキのもやしと豆苗、それに鶏肉。ナンプラーがベースのスープに、レモンがさっぱりと香るお鍋はいかがですか? 

シンプルな素材を鶏肉のうまみとレモンでいただくレシピは、分量も簡単。ささっと時短で、おいしい塩レモン鍋を作ってみてくださいね。

もやしと豆苗の塩レモン鍋の材料(2人分

もやしと豆苗の塩レモン鍋
もやし 1袋
豆苗 1株
3カップ
レモン 輪切り3枚
ナンプラー 大さじ1
適宜
大さじ1

もやしと豆苗の塩レモン鍋の作り方・手順

もやしと豆苗の塩レモン鍋

1:鶏肉を煮ます

鶏肉を煮ます
鶏肉の筋と脂肪を取り除き、一口大に切ります。レモンは輪切りにします。

鍋にナンプラーと酒を入れて煮立ったら、鶏肉と輪切りのレモンを入れて、火にかけ、アクが出たら取り除き、鶏肉に火を通します。

2:もやしと豆苗を加える

もやしと豆苗を加える
スープを味見してみて、味が足りないようなら塩で調整し、レモンを取り除きます(気にならない方は残しておいても◎)。

もやしと豆苗を加えたら、火が通るまでサッとゆでて、できあがりです。

ガイドのワンポイントアドバイス

レモンは煮すぎると皮から苦みが出るので、煮立てないように気をつけましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。