豆腐 賞味期限

賞味期限が切れた豆腐、食べても大丈夫?


夏は冷奴、冬は鍋など一年を通して大活躍の豆腐はヘルシーでお手頃な食材ということもあり、とりあえず買っておくという人も多いのではないでしょうか。豆腐は商品によって賞味期限の長さにも差があるため、うっかり賞味期限を切らせてしまった!ということも。

フードロス削減のためにも、なるべく食材の廃棄は避けたいもの。賞味期限が切れた豆腐は、いつまでなら食べても問題ないのでしょうか。未開封の状態と開封後では賞味期限の捉え方も変わってきます。この記事では、食品の賞味期限や消費期限の基本から、賞味期限を切らしてしまった豆腐を食べる場合の判断基準、豆腐の適切な保存方法をご紹介します。
   

賞味期限が切れた豆腐は食べても大丈夫?

豆腐は「賞味期限」が短い食品として知られていますが、まずは、食品に表示されている「消費期限」と「賞味期限」の違いを確認しましょう。

消費期限:袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合の「安全に食べられる期限」。お弁当、サンドイッチ、生めん、ケーキなど、傷みやすい食品に表示されています。基本的に「期限を過ぎたら食べられない」と考えます。

賞味期限:袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合の「品質が変わらずに美味しく食べられる期限」。スナック菓子、カップめん、チーズ、缶詰、ペットボトル飲料など、消費期限に比べて傷みにくい食品に表示されています。この期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。

ただし、消費期限も賞味期限も、袋や容器を開けないで、書かれた通りに保存していた場合の安全や美味しさを約束したもの。一度開けてしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。豆腐のパッケージに表示されているのは、基本的に「賞味期限」であることがほとんどです。

参照:農林水産省Webサイト(https://www.maff.go.jp/j/syokuiku/kodomo_navi/featured/abc2.html
 

【豆腐の種類別】目安となる賞味期限

豆腐 賞味期限 水入り豆腐 充填式豆腐

水入り豆腐と充填式豆腐では賞味期限が異なります


豆腐にはさまざまな種類があり、種類によって目安となる賞味期限が違います。ここでは、代表的な水入り豆腐と水なし豆腐(充填式豆腐)の賞味期限について確認しましょう。

■水入り豆腐
容器の中に水が入った「水入り豆腐」の賞味期限は、商品によりますが長くて5日程度です。賞味期限内であっても開封後は日持ちしません。どうしても一度に食べきれないときは、豆腐のパックではなく、フタ付きの保存容器にきれいな水とともに豆腐を入れて、冷蔵庫で保存します。8割が水分でできている豆腐は、そのまま置いておくと水が抜けて食感や味が悪くなります。水は1日1回は入れ替えて、長くとも2~3日以内に食べ切るようにします。

▽参考記事
一人暮らしの味方!節約食材「豆腐」を極める

■充填式豆腐
容器に水の入っていない充填豆腐(充填絹ごし豆腐)は、豆乳と凝固剤を容器に入れ、密閉してから加熱して固めるという製法でつくられています。容器の中で殺菌されるため、水入り豆腐に比べて日持ちがよいのが特長です。商品によりますが、賞味期限が1~2カ月あるものもあります。

ただし、水なしの充填豆腐であっても、開封後は日持ちしません。どうしても一度に食べきれないときは、フタ付きの保存容器にきれいな水とともに豆腐を入れて、冷蔵庫で保存します。8割が水分でできている豆腐は、そのまま置いておくと水が抜けて食感や味が悪くなります。水は1日1回は入れ替えて、長くとも2~3日以内に食べ切るようにします。

▽参考記事
一人暮らしの味方!節約食材「豆腐」を極める
 

賞味期限切れの豆腐はいつまで食べられる? 注意点

豆腐 賞味期限 いつまで

賞味期限切れの豆腐は、食べられると判断しても加熱処理が必要な場合も


「おいしく食べられる期間」である賞味期限が切れたからといって、ただちに食べられなくなるわけではありませんが、期限後の豆腐はいつまでを目安に食べられるものなのでしょうか?

賞味期限切れの豆腐を食べる前に、見た目や臭いなどに異常が見られないか確認しましょう。

容器が未開封で冷蔵保存の状態であれば、賞味期限を1~2日過ぎる程度なら問題がある可能性は低いです。ただし、季節や保存状態によって、または開封済みであった場合は豆腐の状態を確認する必要があります。

3日~5日を過ぎている場合は、様子を見るのがベター。保存状態によっては食べられない可能性もあります。賞味期限から1週間以上経過している豆腐は、傷んでいる可能性が非常に高いため、食べないようにしましょう。

たとえば、賞味期限を忘れていた豆腐の見た目が黄ばんでいたりカビが生えている、変な匂いがしたり、ぬるぬるしている、傷んでいるなど……新鮮な状態と違う部分があれば食べるのは絶対に避けましょう。
 

豆腐は冷凍保存も可能

どうしても賞味期限までに食べきれず困ったときは、豆腐を冷凍保存するのも一つの方法です。元の豆腐の食感は失われますが、水分が抜けて、高野豆腐のようなスポンジ状の豆腐として料理に使うことができます。煮物に使うと味がよく染み、揚げ物にすると、まるでお肉のような食感で鶏肉の代用としても使えます。

豆腐を冷凍保存するときは、水気を切り、食べやすい大きさに切ってからフリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。使うときは自然解凍するか、湯せんや電子レンジ加熱で解凍します。

▽参考記事
一人暮らしの味方!節約食材「豆腐」を極める     
 

おすすめの国産豆腐

買い置きしていた豆腐の賞味期限をうっかり切らしてしまうことが多い人でも安心。なんと賞味期限180日の豆腐など、こだわりの国産豆腐をご紹介します。

■【賞味期限180日】四季とうふ
豆腐 賞味期限 国産豆腐 賞味期限180日 四季とうふ

賞味期限180日! 「四季とうふ」(出典:驚きの賞味期限180日!常備したい国産大豆の豆腐


一見すると紙パックジュースのように見える、紙容器入りの豆腐「四季とうふ」。空気や光を通さない特殊な紙容器と、独自の豆乳殺菌法により、驚異の180日間賞味期限を実現しました。国産大豆だけで作られた味は淡白でシンプル。滑らかで程よい固さの食感と大豆の味が主張しすぎない個性控えめの味は、冷奴や鍋など素材そのものを楽しむ料理はもちろん、味噌汁や麻婆豆腐などどんな豆腐料理にも使える万能豆腐です。

▽参考記事
驚きの賞味期限180日!常備したい国産大豆の豆腐
 
■【佐賀県・名店の味】ざる豆腐
豆腐 賞味期限 国産豆腐 川島豆腐店 ざる豆腐

佐賀県唐津市にある川島豆腐店が作る「ざる豆腐」(出典:原材料は国産大豆「川島豆腐店」こだわりの「ざる豆腐」


佐賀県唐津市にある創業200年の日本料理店、川島豆腐店が作る「ざる豆腐」。濃厚な味をもつ国内産大豆のふくゆたかの中でも、大粒で上位クラスの大豆のみを使用しているこだわりの商品です。クリーミーな食感は、定番の醤油だけでなくオリーブオイルなど洋風の味付けにもよく合います。全国紙やテレビ番組などでも紹介され、オンラインショップでもお取り寄せ可能。「ざる豆腐」の賞味期限は発送日含め5日です。

▽参考記事
原材料は国産大豆「川島豆腐店」こだわりの「ざる豆腐」        
 

賞味期限切れの豆腐を食べる時は慎重に

大半が水分からできている豆腐は、瑞々しい食感である一方、傷みやすい食材でもあります。特に賞味期限後は慎重に状態を見て、加熱処理すれば大丈夫と過信せず、無理に食べないように注意しましょう。

監修:管理栄養士 一政 晶子
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。