シンガポール料理バクテーのレシピを紹介

シンガポールの朝食☆肉骨茶(バクテー)

シンガポールのホーカーズ(屋台)やフードコートで人気の肉骨茶(バクテー)。夜食や元気づけの朝食として食べられています。 バクテー専門店も多くあります。豚肉の内蔵や骨、肉を使いますが、シンガポールでは、骨付きリブを使うのが定番。

この国では食べ物の話は最大のテーマであり、あいさつ代わりに「何食べた?」と聞くのがお決まり。半数以上の女性が外に仕事を持っているので、家で食事を作ることは毎日のことではなく、多くのシンガポール人にとって外食は習慣であり、彼らの住む公団住宅のキッチンは(まるで使われていないかのように)キレイとのこと・・・。

肉骨茶(バクテー)

所要時間:2時間 相性のいい飲み物:ビール
 

肉骨茶(バクテー)の材料…スペアリブ、にんにく、スパイス等

【4~6人分】

ポークリブ(スペアリブ用の骨付き豚肉) 600g
豚もも肉の塊(ヒレ肉の塊でも可) 400g
にんにく 1個
シナモンスティック 1本 
スターアニス 5個
クローブ 10粒
黒こしょう粒 大さじ2
チンピ(陳皮) 2、3切れ
薄口しょうゆ 1/2カップ
砂糖1/4カップと濃口しょうゆ1/4カップを10分ほど煮詰めたもの
(味をみて)塩、粗挽き黒こしょう 適宜

手順

1:にんにくはひとかけずつにばらし、皮をむく。半分に折ったシナモンスティック、スターアニス、クローブ、黒こしょう粒、陳皮をガーゼに包んでたこ糸などで縛り、巾着状にする。(またはお茶パックなどに入れる)

2:鍋に3リットルの水を入れ、にんにく、ポークリブ、もも肉の塊、1のスパイス類を入れて沸騰させる。アクを充分取って、薄口しょうゆと煮詰めた砂糖醤油を加え、肉が骨から外れるくらいになるまで約2時間、ふたをせずにコトコトと静かに煮込む。煮込んでいる間、出てきたアクや脂は丁寧にすくい取る。

3:味をみて塩、こしょうをし、もも肉の塊を適当に切り分けてリブと一緒に器に盛る。スープとにんにくを上からかける。

 

ワンポイント

本場のバクテーには中国漢方ハーブが使われます。香り高く仕上がり、薬効も得られるので、もし手に入れば使ってみて下さい。カンゾウ(甘草)、ラカンカ(羅漢果)、トウジン(党参)、センキュウ(川弓)、トウキ(当帰)、ジオウ(地黄)を各少々。シナモンや黒こしょうと一緒にガーゼに包んで煮出します。

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。