連続式蒸溜機と穀物法撤廃がグレーンの時代を生む

ウィリアム・ティーチャーの店(写真右側)

ウィリアム・ティーチャーの店(写真右側)

低空飛行状態だったローランドの蒸溜業界がようやく上昇気流に乗れたのが、アイルランドのイニアス・コフィが優れた連続式蒸溜機を開発して1831年に特許を得た後のこと。これによって軽快でクリーンな香味のグレーンウイスキーを生産できるようになったのだ。
単式蒸溜器では手間と時間がかる。コストを下げようとすると品質が低下する。とにかくいい方法はないかと長年にわたり悩みつづけていたところに連続式蒸溜機が登場したのである。連続式蒸溜機が低コスト、高品質を実現したのだ。
さらに1840年代になると凶作がつづいた。食料供給において頼みのアイルランドは1845年からじゃがいも飢饉に陥り、穀物供給が激減して価格が急騰。頑なまでもの保護主義であったが自由主義への転換となり、1846年に穀物の輸入を制限していた穀物法が撤廃となった。ここから安価なとうもろこし、小麦といった穀類が大陸から大量に輸入されたのである。
連続式蒸溜機と穀物法撤廃によって、ローランドの蒸溜業者にやっと女神が微笑み、嬉々としてグレーンウイスキーを生産した。そして軽快な香味がロンドンをはじめとしたイングランドで受け入れられる。ジンに変わる新しい酒として人気を得るのだった。
ここからエディンバラやグラスゴーではハイランドモルトとの対立が生まれるようになった。こうした流れのなかで、前ページで述べたように1853年、1860年と混和に関しての法が生まれ、ブレンデッドウイスキー誕生へとつながったのである。
『ティーチャーズ/アードモアが中核の名ブレンデッド』の記事で述べたように、1856年にウィリアム・ティーチャーはグラスゴーに酒販店を開業し、そこからウイスキー事業を本格化させ、1863年に、21世紀のいまも愛されつづけている名品「ティーチャーズ ハイランドクリーム」を誕生させたのだった(「ティーチャーズの歩みから探るブレンデッドの歴史2」に続く)。

関連記事

ティーチャーズ/アードモアが中核の名ブレンデッド
アードモアレガシー/スモーキーハイランドモルト登場
ラフロイグ15年/円熟のスモーキーモルト限定発売
カネマラ/スモーキーなアイリッシュシングルモルト
スモーキーなシングルモルトを飲み比べてみよう
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。