豆腐で簡単夏バテ対策!野菜とフルーツの冷奴レシピ

所要時間:10分

カテゴリー:その他冷奴

 

食欲増進効果と疲労回復効果のある2種の冷奴

暑い夏こそしっかり栄養を! つるりとしたのどごしで食べやすい冷奴にひと手間加えて、夏バテを吹き飛ばしましょう。今回紹介するのは2種のアレンジ冷奴。1つは薬味をたっぷりと使って、食欲を刺激し、味噌でいただく「冷や汁風冷奴」。もう1つは昔から疲労回復効果があると言われている甘酒とフルーツの缶詰で作る「甘酒フルーツソースの冷奴」です。どちらも手軽に作れる1品ですので、ぜひ試してみてください。

豆腐は赤ちゃんからご高齢の方まで、誰でも食べられる、日本が誇る万能食品です。豆腐は消化吸収がよく、良質なタンパク質と脂質が豊富。機能性成分も多く、コレステロールを下げるリノール酸、脂肪代謝に効果的なレシチン、活性酵素を抑えて老化を防止するサポニン、腸内の善玉菌を増やしてくれるオリゴ糖、女性ホルモンに似た働きを持つイソフラボンなどを含みます。体にいいからと言って食べ過ぎると、お腹がゆるくなることもあるので、1日に1/3-1/2丁を目安に食べることをおすすめします。

冷や汁風冷奴と甘酒ソース冷奴の材料(各2人分

冷や汁風の冷奴
絹ごし豆腐 1/2-1丁
青じそ 2-4枚
生姜 1片
茗荷 1個
青ねぎ 2本
味噌 大さじ1
ツナの缶詰 1/2缶
豆乳 1カップ
甘酒フルーツソースの冷奴
絹ごし豆腐 1/2-1丁
甘酒 大さじ3
豆乳 大さじ2-4
缶詰 1/2割り
みかん 缶詰 6-8個
ひとつまみ

冷や汁風冷奴と甘酒ソース冷奴の作り方・手順

野菜とフルーツの冷奴を作る

1:【冷や汁風】薬味を切る

【冷や汁風】薬味を切る
青じそ、生姜、茗荷、青ネギをみじん切りにします。

2:【冷や汁風】ツナと味噌と和える

【冷や汁風】ツナと味噌と和える
ツナと味噌と薬味をよく混ぜ合わせます。2等分にして、丸めて、味噌玉を作ります。

3:【甘酒ソース】甘酒ソースを作る

【甘酒ソース】甘酒ソースを作る
ボウルに分量の桃缶を汁を切った状態で入れて、スプーンで粗くつぶします。そこへ甘酒と豆乳を加え、よく混ぜ合わせて甘酒ソースを作ります。豆乳の甘さや濃度によって分量が微妙に変化するので、味を見ながら、甘酒と豆乳の分量を調整しながら、混ぜてみてください。
お好みで塩をひとつまみ加えると、甘みが引き立つ味になりますので、お好みで加えてみてください。
※今回は1/2割りになっている桃を1つ使用しました。缶詰の種類によって桃の大きさに差があるので、作りながら調整してみてください。

4:盛り付ける

盛り付ける
【冷や汁風】容器に豆腐を盛り付け、その上に味噌玉を乗せます。食べる直前に豆乳を注ぎ入れます。食べるときは、味噌玉と豆乳に溶かしながら、汁物感覚でいただきます。

【甘酒ソース】容器に豆腐を盛り付けたら、甘酒ソースをかけます。みかんの缶詰を飾り付けて、できあがりです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。