菌活のアンチエイジング効果とは?

それでは、菌活にはどんなアンチエイジング効果があるのでしょうか? その代表的なものをご紹介しましょう。

■美肌・美白効果
あ

肌の乾燥を防ぎ、肌のキメやハリを整える美肌効果や、シミやくすみを改善する美白効果が!

ヨーグルト・チーズ・漬け物などを作る「乳酸菌」や、みそ、しょうゆ、酢、麹、酒粕などを作る「麹菌」、キノコを作る「菌類」には、肌の乾燥を防ぎ、肌のキメやハリを整える美肌効果や、シミやくすみを改善する美白効果があるといわれ、見た目のアンチエイジングに大いに貢献してくれます。

 
■整腸作用・便秘・むくみ解消・ダイエット効果
「菌類」が作り出すキノコは、どれも歯ごたえと食べごたえがあり、ボリュームたっぷりなのに、低カロリーで食物繊維が豊富です。そのため、食事のカロリーを減らしたい人やダイエット中の人にピッタリです。さらにヨーグルト・チーズ・漬け物などを作る「乳酸菌」と一緒に食べることによって、腸内の善玉菌の働きを活発にして、お腹の調子を整えて便秘を解消し、むくみを解消します。

■骨・血管の健康維持
あ

納豆を作る「納豆菌」には、カルシウムの吸収効率を向上させる働きがあり、骨を強くします

納豆を作る「納豆菌」や、みそ、しょうゆ、酢、麹、酒粕などを作る「麹菌」には、カルシウムの吸収を高めて骨を強くする働きがあることがわかっています。また同じ「納豆菌」や、酢を作り出す「酪酸菌」には、血液をサラサラにして血管の汚れをキレイにして、血管老化を予防する働きがあります。

 
■疲労回復
酢を作り出す「酪酸菌」には、体内の疲労物質を減らして体外に排出する働きがあり、疲れを溜まりにくくする働きがあります。運動後に酢の入ったドリンクなどを飲むと、筋肉の疲れが早く回復します。

■抗アレルギー作用

ヨーグルト・チーズ・漬け物などを作る「乳酸菌」の一部には、花粉症などのアレルギーを発症させにくいようにする働きや、アレルギーの諸症状を改善する働きが認められています。

■抗酸化・血圧・血糖の安定

あ

年齢を重ねた人ほど、菌活を意識した食事に切り替えて、食べるアンチエイジングを実践しましょう

菌活に用いられる食品のほとんどに認められているのが、抗酸化作用です。年齢を重ねると、体内の老化を早めてしまう有害物質を取り除く働きが衰えますが、それを補ってくれるのが、菌活で利用される食品です。どれも、ビタミンやミネラルが豊富で、高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満など中高年に多い生活習慣病の予防・改善効果が認められています。

菌活に用いられる食品は、ヒトの体内で吸収しやすい状態になったものが多いため、年齢を重ねた人ほど、菌活を意識した食事に切り替えて、食べるアンチエイジングを実践しましょう。

 

簡単な菌活メニュー&実践法

菌活で大切なのは、なるべく自分で手作りすることです。そのためには、簡単にできるメニューが良いですよね。それに菌活食品は、熱を嫌うものが多いため、あまり長時間加熱する手の込んだ料理は不向きなので、誰にでもすぐ作れる手間いらずの菌活メニューをご紹介します。
  • キノコ
    食べやすい大きさに切ったキノコをオリーブオイルで炒めてコショウをふりかけ、食べるときにレモンを絞りましょう、塩分ゼロでヘルシーです。
  • あ

    【菌活メニュー】キノコのオリーブオイル炒めレモンがけ

  • ニンニクみそ野菜
    みそ大さじ2に、好みでおろしニンニクやおろしショウガを混ぜて、生のキュウリ、ニンジン、セロリ、大根、トマト、みょうが、カボチャ、ネギ、なすなどを適当な大きさに切ったものに付けて食べます。蒸した野菜でもおいしいです。
  • あ

    【菌活メニュ】ニンニクみそ野菜

  • 酒粕・塩麹漬け
    酒粕や塩麹に野菜・肉・魚の切り身などを漬け込んで食べましょう。味や香りが豊かになり、消化・吸収しやすくなります。
  • あ

    【菌活メニュー】酒粕・塩麹漬け

  • 酒粕入りみそ汁
    野菜たっぷりのみそ汁を作り、最後に大さじ2の酒粕を加えて溶かします。酒粕の風味と香りがみそとマッチしておいしいですよ。
  • あ

    【菌活メニュー】酒粕入りみそ汁

  • カニとキュウリの酢の物
    カニ缶とスライスしたキュウリを酢とオリゴ糖2:1で混ぜたタレと合えます。
  • あ

    【菌活メニュー】カニ缶とキュウリの酢の物



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。