ブラジャー&パンツに乗った贅肉は見られています!

背肉&腰肉が後ろ姿を左右する!

背肉&腰肉が後ろ姿を左右する!

最近、自分の後ろ姿を鏡でチェックしたことがありますか?

顔や体の正面は毎日チェックするものの、後ろ姿をじっくり見る機会は少なく、ふとした瞬間にブラジャーやパンツの上に乗った贅肉に気づき、驚いた経験がある人も多いのではないでしょうか。

 
後ろ姿というのは、実は他人からはしっかり見られているもの! しかも、背肉&腰肉は老けた印象にもつながるので、速やかに撃退したいものです。

そこで今回は、背肉&贅肉を効果的に撃退し、凛としたスッキリ後ろ姿美人になるエクササイズを紹介していきたいと思います。


背肉&腰肉の原因

まず、背肉や腰肉がつく主な原因として、年齢や運動不足による筋力低下が挙げられます。

しかも、背中や腰の筋肉は普段の生活ではあまり使われることがないので、よほど意識して動かない限り、どんどん筋力が衰え贅肉が付きやすくなるというわけです。

また、その他にも以下のような原因が考えられるので、自分の行動や生活習慣をチェックしてみましょう。

■猫背
姿勢が悪く猫背気味の人、デスクワークなどで前かがみの姿勢を長時間続ける人は、背中や腰の筋力が低下し、贅肉が付きやすくなります。

いっぽう、背筋を伸ばし正しい姿勢をキープするだけで、背中や腰まわりの筋肉を効率よく使うことができるので、ムダな脂肪が付きにくくなります。


■サイズが合わない下着
体を締め付けすぎるブラジャーやガードルなどもNG。

ブラジャーだと胸や脇から余分な肉が背中に流れたり、アンダーバストに跡が付きやすくなりますし、ガードルも同じように、ウエストやヒップの贅肉がはみ出して段になり、洋服の上からでもその段が分かってしまうので要注意。

また、締め付けのきつい下着は血流を悪くするため、冷えや代謝不良を招き、より贅肉を付きやすくします。