缶詰で簡単&豪華!オイルサーディンと野菜のグリル

所要時間:15分

カテゴリー:メインのおかずオーブン焼き

 

缶詰を使うから簡単!豪華なオーブン料理

忙しいときにに備えておきたい缶詰として、おすすめのひとつに挙げられるのがオイルサーディン。そのままでも食べられますが、野菜とともにオーブンで焼くことで、その旨みが野菜にもたっぷり染みこみ、簡単で豪華なメインディッシュになります。

火の通りやすい野菜を使うと、下ごしらえも要らず、スピードアップ。カリフラワーも茹でずに、そのまま焼きます。茹でたときとは違った、カリッとした食感が美味。玉ねぎとミニトマトの甘みや、マッシュルームに染みこんだ旨みもこれまた絶妙です。

このレシピを含めた一汁三菜の献立は、『オイルサーディンと野菜のグリルの献立と段取り』にまとめてあります。ぜひ併せてご覧ください。

オイルサーディンと野菜のグリルの材料(2人分

オイルサーディンと野菜のグリルの材料
オイルサーディン (缶詰)1缶(105g)
ミニトマト 3個
マッシュルーム 4個
カリフラワー 1/6株(60g)
たまねぎ 1/2個(80g)
ニンニク (おろし)1片分
オリーブオイル 大さじ3
少々
こしょう 少々
パセリ 適宜

オイルサーディンと野菜のグリルの作り方・手順

オイルサーディンと野菜のグリルの作り方

1:切る

切る
ミニトマトとマッシュルームは半分の大きさに切り、玉ねぎはくし切りにします。カリフラワーは小房に分け、薄切りにします。
オイルがグツグツと煮立ち、玉ねぎが透き通ってきたら、できあがり。

2:焼く

焼く
オイルサーディンの油を切り、野菜とともに耐熱容器に並べます。おろしにんにくとオリーブオイル、塩こしょうを混ぜ合わせたものを回しかけ、220℃のオーブンで10分ほど焼きます。みじん切りにしたパセリを飾ります。

ガイドのワンポイントアドバイス

オイルサーディンの油を一緒に入れると、缶詰特有のくさみが残ることがあります。オリーブオイルを使うことで、くさみを取り除きます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。