知っているようで知らない……紫外線ってナニモノ?

暑さと共に気になってくるのが紫外線。紫外線は、「日差しの強さ=紫外線照射量」と思われていますが、いえいえ、実はそうではないのです。
波長によってUV-A、UV-B、UV-Cの3種類

意外と知らない、紫外線についておさらいしましょう!

そもそも紫外線は、波長によってUV-A、UV-B、UV-Cの3種類あり、地表まで届くのがUV-AとUV-B。そのうち9割以上をUV-Aが占めます。一般的に言われる「日焼け」はUV-Bが原因で、表皮にダメージを与えるため肌の角化リズムを乱し、ゴワつきや肌荒れを引き起こします。女性が気にするシミやくすみは、主にこちらが原因ですね。

一方、UV-Aは、肌の奥の真皮まで到達し、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンを変性させるうえ、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を産生する線維芽細胞の働きを低下させます。そのため、弾力が弱まりシワやたるみなど、いわゆる「光老化」の原因に。

さらにUV-Aは、5~6月には真夏とほぼ同じ程度、しかも曇りでも晴天時の半分程度の量があるうえ、近年は、オゾン層の破壊などによりUV-Aの照射量は増えていると言われています。
つまり紫外線対策は夏だけでなく通年で行う必要があるのです。

日焼け止めは絶対必要。その選ぶ基準PAにすべし!

日常で紫外線を防ぐにはやはり日焼け止めが必須。日焼け止めに表記されている「SPF」はUV-Bを防ぐ指標で、最大が「SPF50+」。「PA」はUV-Aを防ぐ指標で防御力によって4段階の「+」で表記され、「PA++++」が最大値となります。

日焼け止めはついつい高SPF値を選びがちですが、通勤などの日常生活であれば、SPF値は20前後でも大丈夫。それよりも光老化の原因となるUV-Aを防御するPA値に注目してみてください。

また、日焼け止めはどうしても塗る量が少なかったり、汗やこすれで取れてしまうと表示されている数値の効果を出すことが難しくなります。朝は気持ちたっぷりめに、ランチ後や外出する際には、ファンデーションでもいいので塗り直しをするようにしましょう。

⇒次のページでは最先端技術を搭載した日焼け止めを紹介します。